ファイル名リスト

「ファイル名リスト」は、OPTPiX imestaに入力する画像ファイルの一覧となるリストファイルのことです。OPTPiX imestaで読み込む画像を指定するとき、「ファイル名リスト」を指定することで、リストファイル内の全ファイルを指定したのと同じ効果を得ることができます。

「ファイル名リスト」の拡張子は、”.isf”です。

ファイル名リストの作成

[ファイル]メニューから作成

ファイル名リストの作成メインメニューから[ファイル]-[ファイル名リストの作成]を選ぶことで、「現在OPTPiX imestaで開いているファイルの一覧」を「ファイル名リスト」として保存することができます。

除外する画像

指定した条件に合致する編集ウィンドウの画像は、リスト化の対象から除外します。

作成した「ファイル名リスト」をテキストエディタで開く

作成したリストファイルを、Windowsにインストールされているテキストエディタ(ない場合はメモ帳)で開きます。

マクロ処理時の[ドラッグ&ドロップ]で作成

ドラッグ&ドロップで画像ファイルを指定マクロ処理で、入力先に[ドロップするファイル]を選んで実行したとき、「ドラッグ&ドロップによるファイル一覧の指定」を行うダイアログが現れます。ここから[保存]を選ぶことで、現在の一覧を「ファイル名リスト」として保存することができます。

ファイル名リストの使用

作成した「ファイル名リスト」は、以下のように使用することができます。

ファイルを開く

メインメニューから[ファイル]-[開く]を選んだあと、画像ファイルの指定時に「ファイル名リスト」を指定すると、リスト内のファイルすべてを開きます。

OPTPiX imestaにISFファイルをドロップしても同様です。

マクロ処理

マクロ処理で、「入力ファイルの種類」として「ファイル名リスト」を指定することができます。

このエントリーは役に立ちましたか?