CEDECスポンサーセッションは『ヘキサドライブ x OPTPiX SpriteStudio』!

GTMFと『OPTPiX SpriteStudio 勉強会 #03』が終わって一安心・・・と思ったらCEDECの季節! で再度てんやわんやモードに突入。ウェブテクノロジの浅井です。

てんやわんやモード! と申しましても、ネタに困っての『てんやわんや』ではなく、実に興味深いテーマのセッションを準備完了した状態で、これをどのように皆さんにお届けするか、で『てんやわんや』なのが今回のCEDEC! さて気になるスポンサーセッションのテーマから!

『ヘキサドライブ流 OPTPiX SpriteStudio の最適化術』

ドッギャーン(効果音)

さてその気になる中身を箇条書きレベルで抜粋いたしますと、

  • 「拡散性ミリオンアーサー(スマホ版)」運営開始後にテコ入れ!
  • 内製アニメーションツールからの脱却!
  • Vita版の”あれ”を再現したい!
  • オリジナルタイトル「ダイコン王の野望ッッッン!」の最適化術

テコ入れ! 脱却! あれの再現! ダイコン!

・・・ダイコン?

ともあれ、テコ入れ技術に定評のあるヘキサドライブが語る、OPTPiX SpriteStudio の最適化術ときては期待しないわけにはいけません。しかもこのセッションでは内製フレームワークの話題の他に、2種類のゲームエンジンが大登場。恐らく皆さんのココロに響くセッションになるのは間違いなし!

そして、今年も無事に通過した公募セッションからは、

『工程の手戻りを最小限に 2Dゲーム開発におけるエンジン活用の傾向と対策』

こちらも中身を抜粋しますと、箇条書きなのにワクワクするレベル。

  • 2Dゲームを開発する上での、Unity / Cocos2d-x それぞれの特徴
  • Unity / Cocos2d-x で動く同一仕様のベンチマークツール
  • ローエンド / ハイエンド 端末の「リアルなスコア」

そして最後に、弊社ブースでは

  • OPTPiX SpriteStudio:Ver.5.4実装機能(2Dパーティクル / 動画出力)
  • OPTPiX imesta 7 for Mobile & Social:(ETC2 / ASTC / WebP変換機能)
  • OPTPiX ImageConverter for Mac(仮):(詳しくは会場で!)

と、ユーザーの要望をどしどし取り入れたアップデート(と新製品)! を大展示! そして、製品では無いのですが、現在計画中の『OPTPiX SpriteStudio』をキーにした新サービスについてもご紹介する予定です。

ここまで読んだら気になりすぎて仕方ない! そんなみなさんは是非にご来場を!
事前申込みは終了していますが、「デイリーパス」「エキスポパス」は当日販売がございます。

CEDEC2014受講申し込み

タグ , , | 2018/06/22 更新 |

コメントはこちら

※ コメントは承認後に公開されます。