田中圭一のゲームっぽい日常 巨大ヒーロー特撮番組 その大いなる謎

『ウルトラマン』は1966年に放映が始まった日本初の巨大ヒーロー特撮番組である。(※正確にはほぼ同時期に巨大ヒーロー特撮番組『マグマ大使』も放映を開始しているのだが、同着で日本初とする。)

現在に至るまで新作が作られ続けている日本の特撮番組の金字塔と言っていい作品だ。

さて、このウルトラマンの凄い点は、2016年の最新作『ウルトラマンオーブ』に至るまで、以下に列記する基本設定やストーリーフォーマットにほとんど違いが無い点だ。

  • 主人公は銀色を基調として昆虫の複眼のような巨大な目を持った身長40メートル近い巨人で、宇宙から地球の危機を救うためにやってきた。
  • 普段は人間(等身大)の姿で、正体を隠している。
  • この世界では、怪獣や宇宙人が一定のタイミング(毎週1回程度)で日本(主に関東圏)を襲う。
  • 怪獣退治の専門チーム(メンバーは6人~10人ほど)が組織されており、専用の兵器や武器が秘密基地に装備されている。
  • 主人公は、その組織の一員であるが、巨人(ウルトラマン)であるという事実は隠している。
  • 巨人(ウルトラマン)は、長時間その姿でいることはできない。3分程度の時間制限がある場合が多い。
  • 巨人(ウルトラマン)は、身体から光線を発射して敵(怪獣や宇宙人)を倒す。
  • 巨人(ウルトラマン)は、体力が不足してくると胸についているランプが赤く点滅して(音も鳴る)危険を周囲に伝える。
  • 主人公は怪獣や宇宙人が町を破壊しつつ暴れている時(つまり、怪獣退治の専門チームが撃退している時)、突然姿を隠して巨人(ウルトラマン)に変身するが、周囲の隊員たちは主人公の不自然な行動に疑問を持たないし、主人公が不在になることで全体の作戦行動に支障を来している様子はない。

列記した設定やフォーマットはウルトラマンシリーズのみならず、円谷プロ以外の会社が作った巨大ヒーロー特撮番組でも、ほぼ同じである。

これに対して多くの視聴者が「不自然だ」という声を上げないのも、ボクにとってものすごく気になる点だ。

考えてもみて欲しい。

  • 怪獣は同時多発的に出現してもおかしくないはず。それも2匹とか3匹じゃなく、100匹単位でも。ましてや宇宙人が地球侵略を目的として攻撃するのなら、核兵器のような大量破壊兵器で世界各地を同時に襲う方が、早く目標達成できるはずだ。
  • 6人程度の専門チームに対処させるより軍隊を大量投入してでイッキに殲滅した方が効率的じゃないのか?
  • 主人公が正体を隊員たちに明かした方が、作戦行動がスムーズにいくはずだ。巨人(ウルトラマン)を投入することを前提に作戦を組めば武器弾薬を節約できるからだ。また、巨人(ウルトラマン)と共同で武器開発すれば、さらに効率的なはずだ。
  • 巨人(ウルトラマン)は、わざわざ敵に赤いランプを点滅させて自身が弱っていることを知らせる必要はない。怪獣の知能次第だが、点滅を見たら逃げ回って巨人(ウルトラマン)が姿を消したあとで、ゆっくりと町を破壊すればいい。まして敵が宇宙人なら弱点を晒すことは命取りになる。なぜ、そんなことをする必要があるのか、理解に苦しむ。

もちろん、番組を作る上で、こういったフォーマットが便利であることはわかる。特撮オタクでもあり玩具メーカーで働いた経験もあるボクが知らないはずはない。

そうだとしても、もっと現実に沿ったリアルな設定で新作を作ってもいいのではないかと思うのだ。かつて、ロボットアニメが「なぜ巨大ロボットが軍ではなく研究所レベルで作れるんだ」とか「そんなに強いロボットなら、なぜ量産しないのか?」などの不自然な点を払拭して、傑作「機動戦士ガンダム」が生まれたように、巨大ヒーロー特撮もリアルな設定、納得のいくフォーマットでボクらが腰を抜かすようなすごい番組を作って欲しいと願っている。


【12月28日 10:50追記】

お詫びいたします

12月26日に公開しました「田中圭一のゲームっぽい日常:巨大ヒーロー特撮番組 そのおおいなる謎」におきまして、私の不正確な知識と情報および意見によって、読まれた方、とりわけ特撮番組ファンの方に不愉快な思いをさせてしまいましたことをお詫び申し上げます。

最近のウルトラマンシリーズにつきましては、新作が放映される度に何話かを視聴して「なるほど、今回はこういう設定なのか、こういうコンセプトなのか」というのを確認した程度で全体を通して視聴していなかったこと、それにもかかわらずシリーズを通して大きく変わっていないということを書いてしまい、誠に不勉強であり浅薄であったと反省しております。

製作されている方々の努力や工夫によって、従来のフォーマットに新解釈がなされていたり、従来にはない展開や設定で新作が作られていた事実があることを多くの方からご指摘いただきました。それを受けまして、最新作を含むシリーズ作品をあらためて詳細に視聴させていただきたいと思います。

本コラムに関しましては、記載内容を変更するか記載内容を削除するかを検討しましたが、削除は本投稿をなかったことにするかのような誤解を受ける可能性もあるため、今件の経緯を知っていただく上で、このお詫びの文章と合わせて残させていただければと思います。

2016年12月28日
田中圭一

 

タグ: , | 2018/06/22 更新 |

コメント

22件のコメント

  • 匿名
    2016年12月27日 11:38

    1959年生まれの男の子です。
    確かに冷静に考えれば、そうです。が、そんな事を口に出したら排除されるのが昭和の社会のチカラ関係であってはず。当時人気だったプロレスなど格闘技の3分マッチに対抗した話はぼくも知ってるけど、プロレスの連中も逆手を取ってカラータイマーでもつけて格闘したら面白かったかも。
    僕自身は親が野球もプロレスも観ないカタブツの蒸気機関車の機関士にそだてられたので野球プロレスの喜びを知ったのは大人になってからでした。

  • 匿名
    2016年12月27日 12:19

    エヴァンゲリオンはこれをやろうとして崩壊したのか……
    いや、崩壊した理由は他にありそうだが。

  • 匿名
    2016年12月27日 12:57

    初代ウルトラマンの2話でバルタン星人に対して自衛隊がハゲタカミサイルを打ち込むシーンがあるのですがそれなのに「6人程度の防衛チームに任せるのは」などと言ってしまうあたり 実際にはウルトラマンを一話も見たことのない人間が書いた記事だとすぐにわかります。

    ウルトラマンメビウスでは中盤で主人公がウルトラマンであることが防衛隊メンバーに明かされそれを前提とした協力体制を取るし

    また怪獣の同時出現も初代ウルトラマンのジェロニモンの回ですでにやっています
    これもまた筆者がウルトラマンを一切見てない証拠ですね

    ウルトラマンXなどでも世界中での怪獣出現がきっかけでの防衛チーム発足などが描かれているわけで

    こういう話をするならまずちゃんとウルトラマンをちゃんと見てから言うべきなのでは無いでしょうか

    また「巨人と共同で武器を開発すべき」についてはまさに

    「防衛隊の開発したアーマーを装着して戦うウルトラマンX」という番組が去年放送していたにもかかわらずそれを見ていないという筆者のウルトラマンに対する姿勢の甘さが見えます

    私からの言葉は一つです「見てから言え」

  • 匿名
    2016年12月27日 13:05

    怪獣が毎週1体ずつしか出ないのはおかしいと書いてありますが
    普通に怪獣が多数出現する回いっぱいありますけど
    初代ウルトラマンでもジェロニモンの回やバニラとアボラス
    彗星怪獣ドラコとレッドキングの殴り合いなどいろいろありましたね?

    帰ってきたウルトラマンのグドンとツインテールの回では
    防衛隊の上層部が登場し東京にスパイナーミサイル(水爆)をぶち込んで東京ごと吹っ飛ばすというシンゴジラ終盤の元ネタである展開もあるんですが もしかして田中圭一先生はみてないのでしょうか?

  • 匿名
    2016年12月27日 13:55

    1968年生まれの48才児です。
    ウルトラマンメビウスが例外的かも知れません、円谷が大資本傘下に入らぬ最後のウルトラマンは、

    1、番組中盤主人公は身バレして人類との共闘に入ります。
    2、人類は宇宙人などから入手したオーバーテクノロジよりスペシウム弾頭弾を開発し、怪獣と対抗しております。
    3、終盤、同時多発的に怪獣が出没します。

    こういう意欲作であったと記憶しております。
    空中戦シーンには板野サーカス。
    昭和ウルトラマン好きには泣ける展開もあり、お薦めです。個人的にはレオ回がきました。

    多分カラータイマーはプールで唇青くなる感じなのかも。

  • 匿名
    2016年12月27日 14:14

    ウルトラマンオーブやXで先生が言及したお約束に当てはまらなかったり、答えを出してたりする話が多いんですが。特にウルトラマンオーブは従来のフォーマットを一部崩して成功してる作品なので言及した方が良いと思いますよ。

  • とおりすがり
    2016年12月27日 14:47

    怪獣が同時多発的に出現する話は割とあるし、化学特捜隊の時点でやや軍事的な大規模な組織で6人程度の専門チームではないし、主人公が正体を隊員たちに明かす作品もあるので、ちゃんとウルトラマンシリーズを見るなり調べるなりしてから書いてくださいとしか。

  • 匿名
    2016年12月27日 15:38

    そもそも、「リアルなもの」イコール「面白いもの」「みんなが見たいもの」ではないですからねえ。

    水戸黄門を見ながら、「そんな便利なモン(印籠)あるなら、最初から出せよ!」ってツッこむのと同じで。

    もちろん、リアル思考なものがあってもオッケーなわけですが。

    日本固有の問題として、あまりリアルな軍事組織が活躍するドラマを作ってしまうと、政治的な意図を持って攻撃する人たちが居る(自衛隊をカッコよく描くなんて許せない!!)ので、その辺もいろいろと面倒くさいのでしょう。

  • 新北小町
    2016年12月27日 16:30

    怪獣の同時多発…割とあります。ネクサスとかガイアとかでは複数出現、大量出現も。映画では宇宙人による総攻撃もありました(ゾフィーにあっさりやられたけど…)
    専門チーム…初代ウルトラマン、セブン、ガイア、ネクサスは1チームだけじゃなく、複数あります。特にウルトラセブンとネクサスの怪獣やっつけチームは軍隊です。
    赤いランプで点滅…セブンは時間制限がないですね。エネルギー切れ間近だとランプ点滅しますけど(ガッツ星人にエネルギー切れ狙われました)。ネクサスもあれはメタフィールドの展開時間制限を知らせるものだったし…
    ちょうどネクサスが「ウルトラマンのお約束やぶり」だったんですが視聴率的には完敗でしたし…

  • 匿名
    2016年12月27日 16:55

    とりあえず最新作のウルトラマンオーブくらい見たらどうでしょうか?
    あなたが問題としている多くの問題に円谷プロは取り組んでいますしウルトラマンオーブはそれの多くを解決できている意欲作ですい。

  • ヒゲトロ
    2016年12月27日 17:58

    「ウルトラマンメビウス」の第3話にカラータイマーの話が出てきます。

    作品中盤で正体バレする珍しいウルトラマンです。
    未見でしたら是非。

  • 匿名
    2016年12月27日 22:41

    そういう意味では「魔法戦隊マジレンジャー」は野心作だったのかもしれませんね。

  • 匿名
    2016年12月27日 23:05

    驚く程ウルトラマンの事何も知らないようなのでウルトラQからウルトラシリーズを見れる限り全て見ることをオススメします。

  • 匿名
    2016年12月28日 00:39

    もう少しウルトラマンをきちんと見てからこういう文章を書いてください。空想科学読本の二番煎じにもなってませんよ。
    1,「ウルトラマン」の「怪獣無法地帯」や「帰ってきたウルトラマン」の「怪獣総進撃」などの初期ウルトラマンでも怪獣が何体も出てくる話はありますし、平成では尚更です。
    2,「ウルトラマンガイア」を見たことはありますか?あれは複数の防衛チームが登場するストーリーですよ。第一、毎週怪獣が出てくる度に全戦力を投入して現実的にも、話の世界的にも予算が持つとでも思ってるんですか?
    3,ウルトラマン最終話にて、(当時)宇宙警備隊員のゾフィーがウルトラマンに、「地球の平和は、地球人自身の手でつかみ取らなければならない」と発言しています。その後も似た発言があるのに、「彼らのポリシーなのだな」と思わないあたり、ウルトラマンを見ていないのだなということがわかります。
    言っておきますがこんなのは序の口です。もっときちんと話せば10個以上は突っ込み所が出てきます。この文章、そしてツイッターであなたに寄せられる評価を「なるほど、次回から参考にしよう」と見るか、「うるせえなウルトラマンオタクが」と見るかはあなた次第ですが、私は前者であることを祈っています。

  • 匿名
    2016年12月28日 07:25

    これはむしろ「フォーマットの平均」を記述したものと言えますね。

  • ウルトラマン好き
    2016年12月29日 03:26

    「新作が放映される度に何話かを視聴して「なるほど、今回はこういう設定なのか、こういうコンセプトなのか」というのを確認」
    お詫びにまでこのような嘘はやめていただきたい。
    平成のことさらウルトラマンギンガからオーブまでの最近の作品を数話見て確認したならば、あなたが先に書いた記事にはならなかったはずです。
    またいうのであれば、初代ウルトラマンをちゃんと見ていれば、このような記事を書くには至らなかったはすです。

  • サヒト
    2017年10月1日 12:43

    特撮に興味を持たない人が考えているウルトラマンのイメージをただ書いた様な記事だと思いました。
    自分は特撮オタクであると仰っていますが、ただ何となく理解し、ボケーっと見ているだけではどんなに多くの作品を観たのだとしても『オタク』とは名乗れないと思います。この件で記事を知りましたが、いつもこの様にただただ偏見を書き連ねている様な記事を書いていらっしゃるのでしょうか?そうではないとしても、今回の炎上に踏まえて、しっかり作品を学んでから記事を書くようにして欲しいと思います。

  • 紅茶
    2017年10月18日 21:51

    わかります。私は変身もので
    「へ〜んしん!とうっ!」系の掛け声〜変身シーンの時
    「このスキにボコればいいじゃないか敵」って思いながら見てました。

    毎回健気に変身が終わるまで待つ敵がいい人すぎる。

  • 匿名
    2017年10月31日 11:11

    ウルトラマンはあくまで子供が見る前提で撮られた番組だと思います。
    なのに、カラータイマーがなかったら急に倒れてしまったり、ピンチな状況を伝えられない。子供が応援しにくい。
    怪獣が100体出てきて30分か2週分でまとめられない。ウルトラマンやその周りの人たちの頑張ってる姿や人間ドラマなども描けない。

    現実的なのはもちろん必要です。しかし、子供が楽しめない、夢を持てない、頑張っているところを見れない、学べない番組ならなくていいと思います。

  • 匿名
    2017年11月8日 18:53

    まとめサイトで紹介されてたので読みに来ました。
    最近の作品を見ていないのが丸分かりのデタラメを堂々と載せて中傷しその上でオタクを自称する根性は尊敬は出来ませんが凄い精神ってことだけは理解できました。

  • 通りすがりの偽善者
    2017年11月10日 12:37

    みなさん、なんでそんなに厳しいのかねえ(^_^;)
    軽く読み飛ばせば良いじゃんww

  • タロウ好き
    2017年12月27日 02:11

    それより、科学特捜隊、地球防衛軍、MAT、TAC、ZAT、MAC、…と毎回、防衛チーム名が違う方が気になる。
    エースではTACの前身のMAT…みたいな説明は一応あったし、
    レオでモロボシダンとアンヌのTDF時代のシーンが回想で出たりしてるので繋がってるんだろうけど
    頻繁に名前と組織メンバー変えて再編してるのかな?

    平成ウルトラセブンでは毒蝮が隊長やってる本来の単独作品ウルトラセブンの続編もあったりするから
    その辺りの設定はお約束的なものでスルーすれはいいのかな?

    平成以降はメビウスしか見てないので、もしかしたら何かの話に合理的な説明があるのかも知れないが、
    小さい頃、このシリーズ見て一番謎に思ったのがその辺りのこと

コメントはこちら

※ コメントは承認後に公開されます。