参照イメージの画像を詰め直していれかえたい

既に作成済みのssceや参照イメージ画像に、PSDtoSSやTexturePackerで作成したssceや参照イメージ画像を上書きすると、セル情報(セルの切り出し位置や原点、サイズ)が変化してしまい、レイアウトが正常に表示されないことがあります。

レイアウトを正常に表示するには、下記の手順でssceの更新を行います。

  1. SpriteStudioを起動し、変更したいssceを使用しているsspjを開きます。
    sspjは開いた状態で、作業を進めてください。
  2. エクスプローラーやファインダー上で、SpriteStudioで開いているssceに、再構成したssceを上書きします。
  3. データを上書きしたssceを右クリックし、コンテキストメニューの「リロード」を選択し、更新を行います。

上記の手順で作業することで、切り出しのサイズ情報と中心点座標を維持したまま、データを上書き・差し替えすることが可能です。

注意点

リロードを行う際に、座標情報を変換する処理を行っています。
そのため、SpriteStudioが起動してる間のみ、この自動座標変換が有効になります。

画像を上書きしてリロードを行った後に、保存をしないでSpriteStusioを再起動してしまうと、座標情報が崩れてしまいます。
かならずリロード後に保存を行ってください。

また、sspj内のデータを直接変更しますので、失敗した際はデータ情報が大きく崩れてしまう可能性がございます。
事前に関連データをすべてバックアップする事をお勧めします。

 

PSDtoSSならびにTexturePacker用プラグインの説明はこちら

SpriteStudio Ver.6用

SpriteStudio 5用