パーツを追加するとき、0フレーム目にキー設定されないようにしたい

パーツの追加時に必ず0フレーム目にキーが設定されてしまうのが不便な場合、以下の方法をご検討ください。

パーツ追加時に設定されるアトリビュートを指定する

「プロジェクト設定」の「その他」から、パーツを追加した際に設定されるアトリビュートを指定することができます。

ただし、すべてのアトリビュートからチェックを外しても、セルリストからパーツを追加した場合は参照セルのアトリビュートは設定されてしまうため、キーは作成されます。

指定しているフレームにキーが設定されるようにする

Ctrlを押しながらパーツを追加すると、タイムスライダーが指定しているフレームにキーが設定されます。

1.Ctrlキーを押しながらパーツを追加します
2.追加したパーツの20フレーム目にキーが作成されました。

関連ページ

このエントリーは役に立ちましたか?