単体で配置したメッシュパーツが移動、回転できません

単体で配置したメッシュパーツが、アニメーションデータで操作しようとすると動かないことがあります。これはメッシュパーツがボーンパーツに影響をうけてしまっているためです。

 

メッシュパーツ単体で移動、回転が行えない場合、レイアウトウィンドウの「ウェイト表示」を押してください。

 

メッシュパーツにボーンパーツに指定した色が表示された場合、このメッシュパーツはボーンパーツの影響をうけていることがわかります。

 

次にフレームコントロールウィンドウのパーツツリーをご確認ください。

 

操作しようとしているメッシュパーツの親パーツがジョイントパーツではない場合、その上にジョイントパーツが存在して、その子パーツにボーンパーツがあると、ボーンパーツとメッシュパーツが影響を受ける状態(バインド)になります。

 

バインドされたメッシュパーツは、ボーンパーツの操作によるアニメーションされる状態です。
この状態では、アニメーションデータ上で、移動、回転を行うことはできません。

メッシュパーツを単体で移動、回転できるようにする

メッシュパーツのみ操作したい場合、メッシュパーツとジョイントパーツの間に、ジョイントパーツを挟むことで操作可能にすることができます。

セットアップデータに切り替えて、ジョイントパーツを追加します。

操作したいメッシュパーツを選択します。

選択したメッシュパーツを追加したジョイントパーツの下へ移動させます。

ジョイントパーツの下に移動させたメッシュパーツのウェイト表示が黒くなれば成功です。

レイアウトウィンドウの「ウェイト表示」をOFFにし、アニメーションデータ に切り替えて操作を行います。
メッシュパーツのみで移動、回転が行うことができれば完了です。

関連ページ

 

このエントリーは役に立ちましたか?