ファイル読み込み時の”Failed to read xml node. file:****.ssae name:mapId asAttr:0″という警告に対処したい

本ページはSpriteStudio 5をベースに解説しています。
Ver.6でも同様の操作で対応いただくことが可能です。

このメッセージは、アニメーションデータ内のキーにある「参照セル」に設定されたセル情報が失われていることで表示されます。

faq_ss_faq_error01_02

原因

「参照セル」のセル情報が失われるのは以下のような原因が考えられます。

  • ssae(アニメーションファイル)をテキストエディタ等で編集をおこなったり、外部ツールで変換をおこなった
  • SpriteStudio Ver.5.3.5 に含まれる不具合により無効なキーを設定してしまった
    Ver.5.7以降、この問題は修正されております。

エラーを解消する

「参照セル」のセル情報が失われているキーに、改めて参照するセルを設定するか、キー自体を削除することで復旧することが可能です。

Ver.5.7以降の場合、エラーダイアログ上に該当するキーが表示されますので、そのダイアログの示すキーを修正・削除してください。
「SpriteStudio.log」内にもエラーログが保存されています。「ヘルプ」メニューの「ログファイルの場所を開く」で「SpriteStudio.log」の保存先を表示することができます。

エラーダイアログに該当のキーが表示されない場合

古いバージョンのSpriteStudioをお使いの場合、テキストエディタからssaeを開き、問題のキーを見つける必要があります。

  1. テキストエディタ(メモ帳等)で、メッセージが出力されるssaeを開きます。
  2. <attribute tag=”CELL”> という文字列で検索し、<value> と </value> の間に <mapId> が無いものを見つけます。
  3. <mapId> が無い部分から上にさかのぼり、問題となる参照セルキーのフレーム位置、パーツ、アニメーションを特定します。

faq_ss_faq_error01_01

不具合(SpriteStudio Ver.5.3.5

本不具合は最新版にて修正されております。お手数ですがアップデートをお願いいたします。

以下の操作を行うと、不具合により、エラーメッセージが出力される状態になります。

  1. 参照セルのキーをコピー
  2. sspj(プロジェクトファイル)を読み込み直す
  3. キーをペースト
    ※ここで本来ペーストできないの無効なキーをペーストできてしまい、エラーの原因となります。
  4. sspjを保存し、読み込み直す

回避方法

  • パーツにはキーを必ず設定してください。
    アトリビュートの種類・位置は問わず、キーを設定してください。キーを非表示設定にすることで、表示に影響しないキーを設定することができます。
  • 選択範囲の終点に、キーが1つも打たれていないパーツが来ないようにしてください。
  • sspjを読み込み直す場合は、念のためSpriteStudioを再起動するか、sspjを読み込み直した後に、何かしらのキーをコピーしてください。

このエントリーは役に立ちましたか?