アニメーションをリネームするとインスタンスが再生されない問題に対処したい

本ページはSpriteStudio 5をベースに解説しています。

インスタンスパーツには参照先のssaeとアニメーションデータの名前が記憶されています。
そのため、参照先のssaeやアニメーションデータをリネームした後に、インスタンスパーツを使用しているssaeを更新せずに終了した場合、参照先のアニメーションデータが見つからず、再生できない状態となってしまいます。

faq_ss_faq_instance_bug_01

Ver.5.3.6 以前のバージョンをご利用の場合

インスタンスパーツの参照先が見つからない状態となったssaeを保存しようとした際に、強制終了する不具合が存在します。
最新版では本不具合は解消しておりますので、バージョンアップをお願いいたします。

回避方法

参照先のssae、アニメーションデータをリネームした場合、必ず参照元のssae、アニメーションデータのインスタンスパーツを更新し、保存を行ってください。

最新版ではソースアニメーションのssaeにリネームがあった場合、参照元のssae、アニメーションデータが更新表示になりますので「すべて保存」で問題ございません。

Ver.5.3.6以前をご利用の場合は、参照元のssaeのインスタンスパーツの参照先を更新し、上書き保存をお願いいたします。

強制終了への対処方法

本不具合はすでに修正版がございます。
お手数ではございますが、最新版へのバージョンアップをお願いいたします。

バージョンアップ以外での対処法

インスタンスパーツの参照先となるアニメーションデータが見つからない状態が問題の原因です。
参照先のアニメーションデータを改めて追加することで対処することが可能です。

参照先のアニメーションデータが分からない場合、テキストエディタでssaeを開くことで確認することが可能です。

  1. <type>instance」というキーワードで検索してください。
  2. ヒットした行から10行ほど下に行くと
    <refAnimePack>ssaeのファイル名</refAnimePack>
    <refAnime>アニメーションデータのファイル名</refAnime>
    という2つのタグが見つかります。
  3. 判明したssaeとアニメーションデータをsspjに追加してください。
    既に不要なインスタンスパーツがある場合は SpriteStudio 上で削除するようにしてください。

faq_ss_faq_instance_bug_02

 

このエントリーは役に立ちましたか?