エフェクトパーツのアニメーションが延々と繋がるようにループさせたい

 エフェクトパーツをアニメーションに使用した場合、そのまま追加すると、ループさせたときに何も表示されないフレームができてしまいます。

上図のように、アニメーションの先頭と終了時に演出が途切れているように見えます。
継続しているようにループさせたい場合は、複数のエフェクトパーツを配置し、キーの調整を行います。

  1. ループさせるエフェクトパーツを3つ配置します。
  2. 2つ目のエフェクトパーツ(effect_2)のキーを、総フレーム数の真ん中のフレームに配置します。

  3. 3つ目のエフェクトパーツ(effect_3)のキーは、総フレームの先頭に配置します。
  4. 3つ目のエフェクトパーツ(effect_3)のキーを編集します。
    アトリビュート「エフェクト」の「設定」を選択し、「開始フレーム」の欄に総フレーム数の半分の値を設定します。
  • effect_1
    普通に再生するパーツ
  • effect_2
    effect_1の演出終盤にアニメーション演出が途切れないようにスタートするパーツ
  • effect_3
    effect_2がアニメーション最後で切れる演出にループした時につながるよう、開始フレームを設定するパーツ

という役割となり、絶えずエフェクトが再生されつづけるアニメーションデータを作成することが可能です。

関連ページ

このエントリーは役に立ちましたか?