CocosBuilderのcall backのような機能が使いたい

アトリビュートウィンドウにある、「ユーザーデータ」をご利用ください。
「ユーザーデータ」アトリビュートを利用することで、任意のキーに、数値、矩形、座標、文字列などを埋め込む事が可能です。

これを使用して、文字列に命令文やスクリプトそのものを書きこむなど、タイムライン上に埋め込むことができます。

「ユーザーデータ」の詳細はこちらのページにございますので、併せてご覧ください。

関連ページ

このエントリーは役に立ちましたか?