PNG24高圧縮化加工

PNG24高圧縮化加工編集中の画像をPNG24(ダイレクトカラーPNG)形式で保存した際に、圧縮効率が向上しファイルサイズが一段と小さくなるように特殊なフィルタ処理を施すには、メインメニューから[イメージ]-[PNG24高圧縮化加工]を選びます。

本フィルタはPNG24形式以外にも、RLE圧縮のTGAファイルや、LZW圧縮のTIFFファイルとして保存する場合にも効果があります。

フィルタの強さ

フィルタの強度を指定します。強度はスライドバーを使って0~8の範囲で指定でき、数値を上げるほどフィルタ強度が強まり、PNG24形式での保存時の圧縮効率が向上します。その分ファイルサイズは小さくなりますが、画質は若干劣化します。

また、色数の少ない画像では十分な効果が得られない場合があります。

なお、ここで施すフィルタは非可逆のものであるため、一度フィルタを掛けた画像を元に戻すことはできません。使用に際してはプレビューで画質を確認するようにしてください。

プレビュー

このオプションをONにすると、処理結果を先に表示して確認することができます。同時にPNG24形式でのファイルサイズがどのくらい小さくなるかの推定値を表示します。なお実際の出力ファイルサイズはPNG保存オプションの指定によって変わって来ますので、ファイルサイズ試算で確認することをお奨めします。

このオプションがOFFの場合は[OK]ボタンをクリックするまで、処理結果を見ることはできません。

全レイヤを処理

ONのときはすべてのレイヤに対して、OFFのときは編集中のレイヤのみに対して、処理を行います。

新規画像作成

処理結果を新しい編集ウィンドウで表示します。オプションがOFFのときは、編集中の画像が処理結果のものに置き換えられます。

このエントリーは役に立ちましたか?