プログラマから見たWindows 10 番外編その2~Windows 10へのアップグレード抑制ツールの追加情報

ユーザーサポート担当の嶋です。

昨年の7月に公開した「プログラマから見たWindows 10 番外編~Windows7/8.1からのアップグレードを抑制する方法」、SNSやブログなど各方面でご紹介いただき、現在も多くの方にダウンロードしていただいております。ありがとうございます。

その後、Windows 10のアップグレードに関連する更新プログラムの内容が変更され、その影響を気にされるコメントなども寄せられましたので、改めて情報を整理したいと思います。

結論を先に書きますと、ツールに対する更新プログラムの変更による影響はなく、アップグレードを促すメッセージは本ツールで引き続き抑止させることが可能です。

なお、本エントリーは2016年2月22日の時点で弊社の環境において行った検証内容をまとめたものです。将来的にアップグレードを抑止できることを保証するものではありませんのであらかじめご了承下さい。

Windows 10へのアップグレード抑止設定ツールのおさらい

まず最初に「Windows 10へのアップグレード抑止設定ツール」のおさらいです。

このプログラムはWindows Updateの画面及びタスクトレイに表示されるWindows 10へのアップグレードを促すメッセージを抑止するものです。下記のようなユーザー向けに、選択肢を選ぶだけで通知の抑制、タスクトレイのアイコンの表示非表示を切り替えることができるようにするツールです。

  • 誤ってWindows 10へのアップグレードを行ってしまうことがないよう、Windows Updateに選択肢が出てくるのを防止したい
  • Windows 10の入手を「予約」してしまったが、これを取り消したい
  • タスクトレイに出てくる「Windows 10を入手する」の通知を消したい
win10_screenshot101

Windows 10へのアップグレード抑止ツール

処理内容としてはマイクロソフト社がブログで紹介している「レジストリ値を書き換える」方式を使用しています。

プログラム(ソースファイル付 Version 1.01)はこちらからダウンロードできます。
(zip形式 149KB)

* 本ツールは商用含め無償利用可能です。利用条件の詳細は、同梱のドキュメントをお読みください。

 

Windowsの更新プログラムの重要度が2回にわたって変更

2015年7月のツール公開後、Windows 10へのアップグレードに関連する更新プログラムが2回にわたってアップデートされました。

Windows 10へのアップグレードに関連する更新プログラムの中に「KB3035583」というものがあります。このプログラムは7月に配信された当初は任意で更新されるプログラム(オプション)でしたが、昨年冬に「重要」に、そして今年の2月に「推奨」に段階的に格上げされました。

Windows Updateの設定を「更新プログラムを自動的にインストールする」にしていた場合、「重要」「推奨」の更新プログラムは自動でインストールされます。

windowsupdate_setting

Windows Updateの「重要な更新プログラム」の設定

「去年の暮れぐらいからアップグレード告知が出てくるようになった」という方は、更新プログラムの重要度が格上げされたことによって、今までインストールされていなかった更新プログラムがインストールされた、ということになります。

 

アップグレード抑止ツールは重要度変更後も有効

更新プログラムがアップデートされた後もアップグレード抑止設定ツールは使えるのか ――――
気になる方も多いと思いますが、弊社の環境で検証を行った所、更新プログラムの重要度の変更による動作への影響はありませんでした。

すでに「抑止する・表示しない」に設定してある場合は「抑止・非表示」の状態のままとなります。また、Windows 10へのアップグレードを促すメッセージが表示されるようになった環境でこのツールを使用すると、「抑止・非表示」の状態になります。

 

抑止は一時的に なるべく最新のOSへのアップグレードを

使用している機器やプログラムの問題でどうしてもアップデートを保留したい、という方もいらっしゃると思いますが、PCのセキュリティ問題を考慮すれば古いOSを使い続けるよりもなるべく最新のOSにアップグレードしたほうがいいでしょう。

Windows 7・Windows 8.1からWindows 10への無償アップグレードの期限は2016年の7月28日までとなっています。それまでの間にファイルのバックアップなどアップグレードの準備を進めた上で、期限内に最新のOSへのアップグレードを行うことをおすすめいたします。

タグ: , , |

コメント

16件のコメント

  • yatto
    2016年4月1日 16:26

    おそれいります、ツール(アプリ?)をダウンロードさせていただき、使用させていただいております(ありがとうございます)。

    さて笑われてしまう質問です。

    PC操作に疎いわたくしですが、
    ツール(アプリ?)を、一旦停止もしくはアンインストールする方法をご教授いただけませんでしょうか?。

    と申しますのも、ツールがPC内のどこに入っているのか(インストール場所)、
    探してもみつかりませんでした。
    「PreventOSUpgrade」で検索してもダウンロードしたホルダーしか見つからない状況です。

    どうしても一旦停止して試さなければならないことがありまして、何卒ご教授いただきたくお願い申し上げます。

    • Web Technology
      2016年4月1日 16:35

      > yatto様

      ツールのご利用ありがとうございます。
      本ツールは利用に際してインストールが不要のアプリで、特定のディレクトリにインストールされるものではございません。
      zipファイルをダウンロードし、それを解凍した先のフォルダに配置されます。

      見つからない場合は改めてzipファイルをダウンロードし、任意のフォルダに解凍した後に起動して、設定を「抑止しない」に切り替えて下さい。

  • yatto
    2016年4月2日 17:21

    >Web Technology様へ

    早速のお返事をありがとうございます。

    再ダウンロード>解凍>起動>抑止しない

    試してみます。

  • S.K.
    2016年4月7日 10:54

    ツールご提供、ありがとうございます。

    アップグレード「抑止する」
    アイコン「表示する」
    で利用しております。

    本日「Windows10を入手する」画面をアイコンから表示したところ、
    Windows10アップグレードが予約済みとなっておりました。
    予約操作はしておりませんので、自動的に予約されたものと思います。
    この状態であっても、「抑止する」にチェックされてあれば、
    アップグレードはなされないものと考えて良いのでしょうか?

    • Web Technology
      2016年4月8日 15:06

      レジストリ値を変更することでWindows 10へのアップグレードを抑止できる、という方針をマイクロソフトが変更していないのであればアップグレードはされないはずですが、同じ状況の環境がないため検証ができず、保証はいたしかねます。申し訳ございません。

      予約のキャンセル方法についてはマイクロソフトのコミュニティフォーラム等に情報があるようですので、そちらも参照ください。

  • S.K.
    2016年4月13日 15:34

    ご返答ありがとうございます。
    その後経過を観察したところ、以下のような動作であろうと思います。

    1.ツールによりレジストリ変更がされてあっても、自動的にアップグレード予約済みになる。
    2.アップグレード予約日時に到達すると、自動的にアップグレード予約日時が延期される。

    心臓に悪い仕様ですが、現状ツールにより問題なくアップグレード回避できています。
    お騒がせいたしました。

  • とあるてんちょ
    2016年5月18日 20:28

    またもや、Windows10アップグレードが格上げされたようですが。
    本ツールのおかげで、被害をまぬがれておりますが。
    製作者様のほうで、今回のことについても、効果があるという太鼓判をいただけると、さらに安心できるのですが。
    よろしくおねがいします。

    • Web Technology
      2016年5月19日 10:06

      > とあるてんちょ様

      ツールをご利用いただきありがとうございます。
      手元の環境では今のところWindows Updateプログラムの更新による影響はないようです。ただし、同梱のドキュメントにもありますとおり本プログラムは無償かつ無保証、ということで配布しておりますので、あくまで「手元の環境では今のところ効果がある」という形での返信となります。ご了承下さいませ。

  • H.H
    2016年5月20日 12:29

    既にWin7からWin10にアップグレードされ拒否もしくはWin10から戻すで
    Win7になっておりますが、そのような場合でも抑止ツールを使い抑止する/表示しない
    にすれば効果はあるのでしょうか。
    ご教示いただければ幸いです。

    • Web Technology
      2016年5月20日 16:26

      恐れ入りますが、弊社ではアップグレード後に元のOSに戻した環境がないため、確認を行うことができません。
      ツールの仕組みとしてはレジストリ値を変更するだけのものですので、元のOSに戻した状態でもレジストリ値を参照するのであれば効果があると思われます。

  • 道産子
    2016年5月21日 17:33

    ツールを利用させていただきました。
    使い易くていいものだと思います。
    お客さんにも紹介したのですが、ある1台でOS起動時にstopエラーでOSが起動しなくなってしました。
    そのPC特有の何がしかの原因があったのでしょう。他の多くのPCでは問題がでていません。
    まずは一旦戻したいのですが、書き換えているレジストリを教えていただけないでしょうか。
    よろしくお願いします。

    • Web Technology
      2016年5月24日 10:21

      道産子様

      本ツールで追加・変更しているレジストリのキーは
      HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Gwx
      の2つです。

      通常この2つのキーと中のDWORD値を削除すれば導入前の状態に戻りますが、OSが起動しない要因が別の箇所にある場合はレジストリを修正しても症状が変わらない可能性がございますので、あらかじめご了承下さい。

  • BoatLife
    2016年6月24日 14:50

    お世話になります。Windows7 Pro 32bitを使用しています。
    環境準備ができたので、Windows10にしようと、ツールの設定を
    抑止しない 表示する
    に変更したのですが、Windows10のアイコンが出てきません。
    再起動も数回試しました。
    抑止はちゃんとできていたので助かりました。ありがとうございました。

    • webtech01
      2016年6月27日 14:56

      > BoatLife 様

      Windows 10へのアップグレードプログラムはWindows Updateで配信されていますので、Windows Updateを実行することでアップグレードプログラムを入手することができるかと思います。
      また、本ツールではレジストリを変更する形でアップグレードを抑止しています。本ツール以外のツールや設定変更を平行して利用し、アップグレードを抑止している場合はそれらの抑止も解除しないとアップグレードは実行されませんのでご注意ください。

  • yamato
    2017年8月16日 18:46

    このツールはAndroidでダウンロードして、SDカードでパソコンに移して、パソコン内で解凍しても効果がありますか?

    • webtech01
      2017年8月17日 10:41

      > yamato 様

      Androidのブラウザでダウンロードした場合でも基本的には問題ないと思われます。
      なお、既にマイクロソフトによる「Windows 7からWindows 10への無償アップグレード期間」は終了しています。期間終了後に本アプリケーションを実行した場合の挙動については検証を行っておりませんので、記事執筆時とWindows 7のアップグレードツールの挙動が変わっている可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

3件のトラックバック

コメントはこちら