導入事例

携帯待ち受けFLASH事例紹介
株式会社サミーネットワークス 様 インタビュー

―― サミーネットワークス様が運営されているサービスの中で、上村さんは「「ケータイPOST」、仁科さんは「姫デコJewel」をご担当されていると伺いましたが、どんなサービスなのかを簡単に教えて頂けますか?

「ケータイPOST」担当・上村さん:
「ケータイPOST」は、ユーザーが携帯電話やPCから投稿した写真で年賀状などの「はがき」をデザインでき、印刷や投函までワンストップで行えるサービスです。

「姫デコJewel」担当・仁科さん:
「姫デコJewel」は女性をターゲットとした、無料できせかえツールやデコメール・絵文字・待ち受けFlashなどを自分で簡単に作成する事ができるサービスです。「ケータイPOST」よりも後に始まりました。

―― まず、「ケータイPOST」のご担当の上村さんに伺います。「ケータイPOST」の画像変換エンジンとしてウェブテクノロジ社のOPTPictureを導入されました。画像変換エンジンは他にも無料、有料のものがありますが、他のエンジンと比較検討した上でOPTPictureを導入されたのでしょうか?

株式会社サミーネットワークス
エデュテイメントチーム
上村 篤氏

いくつか画像変換エンジンは探しました。携帯で年賀状を作るサービスですから、指定された位置に画像を合成しなければいけません。その画像合成の点や色の減色の仕方の指定など、他のエンジンでは対応していないものもあったんです。

それから重要視していたレスポンス(速度)面で他と差がありましたね。年賀状サービスは、年末年始に利用が非常に集中しますので、その時期に大量のデータを処理しなければいけないんです。その点でもレスポンスが良い点は大きかったです。

また、当初アプリの開発も考えていて、WEB上で作る場合もアプリで作る場合も、どちらでも汎用的に使えるエンジンが必要だったんです。それらの全ての条件を満たしていたのがOPTPictureでしたので採用を決めました。

―― クオリティの面で心配はありましたか?

以前、前職で携帯の待ち受けFlashを大量に短時間で作るというサービスを運営したことがあり、その時にOPTPiX iMageStudio for Mobile Contentsを使った経験がありました。ですのでOPTPictureを「ケータイPOST」で導入しても、綺麗に画像を減色し、合成してくれるという確信を持っていたんです。サービスインしてからも、携帯なら携帯、紙なら紙でベストな画質で作ってくれます。

―― 「ケータイPOST」のシステムにOPTPictureを導入する際はパッケージのままで導入されたのでしょうか?

いいえ、カスタマイズしてもらいました。現状のOPTPictureでは絵文字の呼び出しに対応していないのですが、対応できる形にしてもらったり、他にも携帯で打った文字フォントを実際のデータで出す場合のフォントサイズや行間など細かい指定にも応じてもらいました。

他のASPを作っている会社ですとカスタマイズに応じられなかったり、実際システムを作っている会社と営業窓口となる人が違うこともあるんですが、ウェブテクノロジ社は一緒ですし、窓口の担当者が技術面も熟知していますから、私達の要望通りに仕上げてくださる点が非常に良かったです。

―― 絵文字対応のカスタマイズでは、具体的にどのような要件に対応してもらったんでしょうか?

絵文字については携帯からはがきを作るサービスということもあり、サービスイン後にユーザーが打った絵文字を使えるようにしたいと相談しました。さらに、ユーザーが自分の使いたい絵文字を使えるよう、各キャリアごとの絵文字も表示できるようにしたかったんです。その他にも課題もあり、実際にお願いできるまでに時間を要しました。実際にお願いした時には年賀状商戦がすぐ間近に迫っていて、サービスインまで2ヶ月もなかったと思います。非常にタイトなスケジュールで、開発期間はごく僅かだったにも係わらず、トラブルもなくやりきってくださってとても助かりました。

絵文字の組み込みでは、その他にも、テキストデータと絵文字のデータを組み合わせると処理に凄く時間がかかるという課題があったんです。ですが、絵文字がなかった時とほとんど処理速度が変わらない答えを見つけてくださったんです。絵文字を入力してデザインを作っても、ユーザーに待たせるような不快感を与えずに、すぐに結果が表示されるようにして頂けました。

「プロの仕事」ですよね。皆さんの「こだわり」なのだろうと思います。

―― ウェブテクノロジ社の対応力の高さですよね。画像変換エンジン、ASPなどを出している企業さんでも、それだけのカスタマイズや個別対応はなかなかできないと思います。

その通りですね。納期の点でも非常にご尽力頂きました。一度お話をお願いしてからプロジェクト開始のGOサインがなかなか出せずにお待たせしてしまい、実装期間が2、3ヶ月しかありませんでした。しかし、もの凄いレスポンスの良さで対応して頂き、改めて御礼したいです(笑)。

金額や納期によって、出来上がったものの精度はどうしても下がってしまいがちだと思うんです。例えば今回のような絵文字のケースでしたら「全端末共通の絵文字なら大丈夫ですけど、各端末ごとの絵文字は無理です。」という会社さんもありました。ですが、ウェブテクノロジさんは時間がないからと機能を妥協することなどなく、その短納期でも全ての要件をやりきってくれた。全体を通して本当にしっかり対応してくださったと感じてます。「良いものを作りたい」というこだわりがあるので、期待以上にやりきってくれるんです。本当に良い会社に巡り会ったと思います。

株式会社サミーネットワークス
ガールズデコチーム
仁科 大智氏

―― 続いて「姫デコJewel」ご担当の仁科さんに伺います。「姫デコJewel」で、OPTPictureを導入された理由はどのような点だったのでしょうか?

私の所属していた部署が新規のサービスの企画をする部署で、アイディアを出してはトライアルで作るということをやっていたんです。その企画の一つが「姫デコJewel」の前身となる企画でした。画像をユーザーが自由に動かして合成して、待ち受けFlashにするもので、「こういうものが作りたい」と社内で話していましたら、「ケータイPOST」のチームから薦められたんです。

「ケータイPOST」で導入していたということもあって、社内の評判が良かったという点は大きいと思います。また、企画のお話をさせてもらった時に、ウェブテクノロジさんに面白いと感じてもらえた感触があったのも理由の一つだと思います。

―― OPTPictureの導入時は「姫デコJewel」でもカスタマイズはされたんでしょうか?

はい。実験的に進めていきました。担当者さんには毎週のように来て頂いて、少しずつ動かしながら、「ここはこうしたい」などと相談しながら作りあげていき、今の「姫デコJewel」になったんです。その都度相談しつつカスタマイズも進めてもらいました。

一番時間がかかった点は画像を軽くすることでした。「姫デコJewel」は女性向けのかわいいものを作りたいという企画ですから、画質のクオリティはどうしても落としたくない、けれどやりたいことはたくさんある。その中でとても力を発揮してもらいました。合成する画像の点数が多かったですし、レイヤーも重ねて綺麗にたくさん作りたい、かつクオリティを落とさずに軽くしたい、それらの要望にも応えてもらったんです。自分が投稿した写真からデコメールが作れるようなカスタマイズもお願いしました。

―― エンジンのカスタマイズを手軽にできるというのはOPTPictureの優位性ですよね。実際にサービスインした時の精度はいかがでしたか?

やはり高かったです。トラブルも一切ありませんでした。そういったことは全く心配いらないほど非常に安定しています。

―― 「姫デコJewel」のように携帯で画像を自分で合成して何か作るというサービスはやはり、ユーザーの反響が強いのではないでしょうか?

そうですね。「姫デコJewel」が「自分でも作れるよ」というテーマなので、きせかえやデコメールなどが作れることで多くのお客様にとても楽しんでもらえていると思います。

―― 今後、機能追加の予定はあるのでしょうか?

絵文字を動くようにする予定ですので、現在も継続的にチューンアップしています。運営しながら、「ここをもっとよくしたい」、「こんなことをやりたい」というこちらの要望・相談に対応して頂いています。

最初に全ての仕様や要件を決めた訳ではなく、作りながら実験的に進めていますから、おつきあい頂いていることはとてもありがたいです。こういった対応は他には普通有り得ないのではないかと思います。普通は「仕様と期限を決めてもらわないと」と言われる話でしょう。

それと、「それはできない。無理です。」などと言われたこともないんです。この結果を見て判断したいということも多々ありますので、相談するとすぐにアウトプットイメージのサンプルを出してくださり、非常に助かりました。

発注をしているというより、どうしたら良くなるかを検討しながら、「一緒に作らせてもらっている」という感覚です。

―― 他社のインタビューでも、OPTPictureの質はもちろんですが、異口同音にウェブテクノロジ社の対応力、人間的な部分をとても評価されていらっしゃいました。業者というより、パートナーといいますか。

「ケータイPOST」担当・上村さん:
ウェブテクノロジさんのように、「一緒にやってくれている」という感覚を得られる時はパートナーだと感じます。私達も明確に業者、パートナーという線引きはしてはいませんが、仕事をしていると自然と分かれますね。今後も「パートナー」となる会社さんを増やしたいと思います。

―― 今後、OPTPictureあるいはウェブテクノロジ社に提供して欲しい点があれば教えてください。

「姫デコJewel」担当・仁科さん:
1つ期待しているのはFlashですね。「OPTFlash」というFlashを自動生成するサービスをリリース予定と聞いています。お客様がWEB上で画像を使って何かを作ることができるという点で、いろいろなサービスをお持ちなので、何か企画する際はまず最初に相談させていただくというのが現状です。それだけ「画像変換といえばウェブテクノロジ社」というイメージを私達も持っています。

「ケータイPOST」担当・上村さん:
今も「uchico」という無料の携帯受験コミュニティでウェブテクノロジさんと一緒に企画を考えていますので、そちらでもご協力頂きたいと思います。無理そうだと思うことでも、できる方法を探してくれるんです。他では無理だと言われてその先が進まないこともありますが、ウェブテクノロジさんは「こうしたらできるんじゃないか?」というプラスの会話ができる。そこがウェブテクノロジさんの良さですね。


トップへ