「メッシュとボーンの関係性に問題があることを検出しました」と表示された

Ver.6.3.0でVer.6.2.2以前のデータを読み込んだ際に「メッシュとボーンの関係性に問題がある」という警告ダイアログが出る場合があります。

このダイアログはVer.6.2.2以前のバージョンで保存した際に一部内部データが正常に保存されていないケースが検知された場合に表示されます。
この警告が表示されたデータをそのまま読み込むと、メッシュパーツの表示が意図せず崩れてしまう場合があります。

ダイアログでOKを押していただき、修正を行うか、読み込み終わった後、Setup に切り替えて、ウェイトの再設定を押してデータの修正を行ってください。

Ver.6.3.0では大幅に内部処理の見直し・修正が行われました。
Ver.6.2.2以前は、ファイルに一部データが保存されず、読み込み時に自動調整して表示を行っているケースが存在しておりました。
本ダイアログは、データが保存されていない場合に表示をおこない調整を促すものになります。

このエントリーは役に立ちましたか?