アンインストーラ

[詳細設定:アンインストーラ]ダイアログ[詳細設定:アンインストーラ]ダイアログは、自己解凍プログラムによるアンインストーラ登録処理の設定を行います。

 

アンインストーラ

アンインストーラを使用するかどうかを指定します。

アンインストーラを使用する場合、アンインストーラはWindows OSの「アプリ – アプリと機能」(Windows 10 の場合。8.1 以前は「コントロールパネル」)から「プログラムの削除を行う機能」を指示して実行します。

※ 「プログラムの削除を行う機能」の名称は、「アプリケーションの追加と削除」「プログラムの追加と削除」「プログラムと機能」など、Windows OSの種類により異なります。

アンインストーラを
使用しない

アンインストーラ機能を使用しません。

EXEpressアンインストーラを
使用する

EXEpress 6組み込みのアンインストーラ機能を利用します。EXEpressアンインストーラは、アンインストーラとして必要な機能を一通り揃えた高性能アンインストーラです。

独自のアンインストーラを使用する Pro版限定機能

EXEpressアンインストーラを用いず、独自に用意したアンインストーラを使用する場合に指定します。

実行ファイル名

アンインストールを指示したとき、実行されるプログラムを指定します。

[書庫内参照]ボタンをクリックして、使用するプログラムを指定します。

実行引数

アンインストールプログラムに渡す引数を指定します。

アンインストーラ登録情報

Windows 7 に登録されたアンインストーラ一覧Windows OSにアンインストーラを登録するのに必要な情報を指定します。

レジストリキー名

アンインストーラを識別する名前です。他のアンインストーラと衝突しないユニークな名前を指定してください。

登録名

Windows OSの「アプリ – アプリと機能」(Windows 10 の場合。8.1 以前は「コントロールパネル」)の「プログラムの削除を行う機能」にて、アンインストーラ一覧で表示されるときの名前を指定します。

その他のオプション

アンインストーラのその他の情報を登録します。

 

アンインストーラ登録情報は、以下の場所に格納されます。この場所をレジストリエディタなどで参照することで、他のアプリケーションで使用しているレジストリキー名を知ることができます。

HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindowsCurrentVersionUninstall

EXEpressアンインストーラの設定

[EXEpressアンインストーラの設定]ダイアログ[EXEpressアンインストーラの設定]ダイアログは、EXEpress 6組み込みアンインストーラの実行内容の設定を行います。

[詳細設定:アンインストーラ]ダイアログで、[EXEpressアンインストーラの設定]ボタンをクリックすると表示されます。

詳細設定:アンインストーラ

この設定は、EXEpressアンインストーラを使用する場合のみ有効です。アンインストーラを使用しない、あるいは外部アンインストーラを使用する場合は無効となります。

アンインストーラ実行ファイルを保存するフォルダ

解凍先にサブフォルダを作成して、そこへアンインストーラを設置することができます。

空欄のときは、サブフォルダを作らずに解凍先にアンインストーラを設置します。

アンインストール時に削除するレジストリキー

アンインストーラに削除させるレジストリキーの一覧を表示します。指定したキーの全エントリを削除します。

ルートキー

削除するルートキーの種類を指定します。

サブキー

削除するサブキーを指定します。指定したサブキー以下にあるレジストリキーは、インストールしたプログラム以外により作成されたキーも含め、すべて削除されます。

ルートキーが「HKEY_CLASSES_ROOT」以外のときは、誤ってシステムの重要なキーを削除してしまわないよう、キーは”SoftwareEXEpress”などのように2階層以上指定する必要があります。

追加

指定したキーを一覧に追加します。

削除

リストで選択したキーを一覧から削除します。

EXEpress アンインストーラーの設定

その他、EXEpress 6組み込みアンインストーラが行う処理の詳細を指定します。

実行形式ファイルと同名の .ini ファイルを削除する

インストール時に解凍した実行ファイル(*.exe)と同名の”*.ini”ファイルが作られているとき、そのファイルをアンインストールで削除します。

実行形式ファイルと同名の .dat ファイルを削除する

インストール時に解凍した実行ファイル(*.exe)と同名の”*.dat”ファイルが作られているとき、そのファイルをアンインストールで削除します。

ファイルが削除できない場合はWindows再起動時に削除させる

このオプションをONにすると、アンインストール時、使用中だったなどの理由で削除できないファイルがあった場合、ユーザにWindowsの再起動を促します。その後、再起動処理中に当該ファイルの削除を行います。

このオプションがOFFのときは、アンインストール時に削除に失敗したファイルは、そのまま残ります。

解凍時にすでに存在していたフォルダもアンインストール対象とする

このオプションをONにすると、解凍時にすでに存在していたフォルダもアンインストール(削除)の対象とします。

ただし、中身が空でないフォルダについては削除されません。

EXEpress 6の自己解凍プログラムは、インストール時に作成したファイルとフォルダの情報を記録しています。EXEpressアンインストーラはそれらの情報を読み取り、記録されているファイルとフォルダ(および、上で指定した「実行形式ファイルと同名の*.ini・*.datファイル」)のみを削除します。

それ以外で、以下の条件に適合するファイルやフォルダは、削除対象となりません。

・インストール後に作成されたファイルやフォルダ。
・インストール前にすでに存在したフォルダ。(「解凍時にすでに存在していたフォルダもアンインストール対象とする」をチェックした場合を除く)
・インストール前にすでに存在しており、インストール時に上書きが行われなかったファイル。

その他のオプション(アンインストーラ登録オプション)

[アンインストーラ登録オプション]ダイアログ[アンインストーラ登録オプション]ダイアログは、Windows OSに登録するアンインストーラ情報の詳細設定を行います。

[詳細設定:アンインストーラ]ダイアログで、[アンインストーラ登録情報][その他のオプション]ボタンのをクリックすると表示されます。

表示されるアイコン

Windows 7のアンインストーラ情報表示一覧に表示されるアイコンを指定します。

[書庫内参照]ボタンをクリックして、実行ファイル(*.exe・*.plなど)またはアイコンファイル(*.ico)を選びます。

続いて、[アイコンの選択]ダイアログを開き、指定したファイルからアイコンを選びます。

発行元

「発行元」を表示させるために使うURL文字列を指定します。

サポートリンク

「サポート情報」をクリックしたときに表示するURL文字列を指定します。

ヘルプリンク

「ヘルプ」をクリックしたときに表示するURL文字列を指定します。

更新プログラム情報リンク

「更新プログラム情報」をクリックしたときに表示するURL文字列を指定します。

「バージョン」を自動登録する

文字列で指定する

文字列指定、あるいは書庫内のEXEファイルのバージョンリソース(ProductVersion文字列)を拾って自動指定します。

プログラムファイルのバージョンリソースを使って自動設定する

「書庫内参照」ボタンをクリックして、書庫内のEXEファイルのバージョンリソース(ProductVersion文字列)を拾って自動指定します。

解凍したファイルのサイズ合計からサイズを自動登録する

CABから取り出したファイルのサイズ合計を自動的にセットします。