ショートカットの登録

[詳細設定:ショートカットの登録]ダイアログ[詳細設定:ショートカットの登録]ダイアログは、自己解凍プログラムによるショートカット登録処理の設定を行います。

ショートカットを登録する

スタートメニュー(スタート画面)にショートカットを登録します。

このオプションがOFFのときは、スタートメニュー(スタート画面)には何も登録されません。

グループ名

スタートメニュー(スタート画面)の[プログラム]グループの下に作成するサブグループ名を指定します。

グループを作成しない場合は、空欄のままにします。この場合、ショートカットは[プログラム]グループ直下に作成されます。

 

作成するショートカットの一覧

スタートメニュー(スタート画面)に登録する項目の一覧です。

追加

新しい項目を追加します。

削除

選択した項目を削除します。

編集

選択した項目を編集します。

全ユーザー共通のショートカットを作成する

スタートメニュー(スタート画面)に共通グループ(All Users)を持っているWindows OS上で自己解凍プログラムを実行したとき、共通グループ(All Users)にショートカットを作成します。デスクトップ上へのショートカットも、全ユーザー共通デスクトップに作成します。

このオプションがOFFのときは、ログオンユーザーのスタートメニュー(スタート画面)およびデスクトップに作成します。

デスクトップ・スタートアップ・クイック起動への作成をデフォルトでオンにする

ここをチェックすると、デスクトップ・スタートアップ・クイック起動への作成の項目がデフォルトでオンになります。

デスクトップ・スタートアップ・クイック起動への作成確認を表示しない

オンにすると自己解凍ウィザードで「○○にショートカットを作成する」のチェックボックスが表示されなくなります。

上の項目「デスクトップ・スタートアップ・クイック起動への作成をデフォルトでオンにする」と組み合わせることで強制作成化が可能になります。

ショートカット項目の編集

[ショートカット項目の編集]ダイアログ[ショートカット項目の編集]ダイアログは、スタートメニューなどに登録するショートカットについての設定を行います。

[詳細設定:ショートカットの登録]ダイアログで、[作成するショートカットの一覧][追加]ボタンをクリックすると表示されます。

登録名

ショートカットの名前です。

コマンド

ショートカットを開いたときに実行するファイルです。プログラムファイル(*.exe)であれば実行し、それ以外のファイル(テキストファイル・HTMLファイル・画像ファイルなど)であれば当該ファイルに関連付けられたアプリケーションでそれを開きます。

[書庫内参照]ボタンをクリックして、実行するファイルを選びます。

引数

実行するファイルに引数が必要なとき、ここで指定します。実行するファイルがプログラムファイル(*.exe)のときのみ有効です。

コメント

ショートカットの内容を簡潔に説明する文を指定します。

アイコン

ショートカットのアイコンです。

[書庫内参照]ボタンをクリックして、実行ファイル(*.exe・*.plなど)またはアイコンファイル(*.ico)を選びます。

続いて、[アイコンの選択]ダイアログを開き、指定したファイルからアイコンを選びます。

作成場所の設定

どこにショートカットを作成するかを指定します。複数のチェックをONにすることで、複数の場所に同時にショートカットを作成することができます。全てのチェックをOFFにすると、ショートカットは作成されません。

グループ内に作成

[詳細設定:ショートカットの登録]ダイアログ[グループ]で作成したサブグループ内に作成します。[グループ]が空欄のときは、[プログラム]グループ直下に作成されます。

デスクトップに作成

デスクトップにショートカットを作成します。

解凍時に「デスクトップにショートカットを作成してよいか」を尋ね、OKが選ばれた場合のみショートカットが作成されます。

スタートアップに作成

[スタートアップ]グループにショートカットを作成します。Windowsの起動時に自動的にショートカットを実行させたいときに使用します。

解凍時に「スタートアップにショートカットを作成してよいか」を尋ね、OKが選ばれた場合のみショートカットが作成されます。

スタートメニューの直下に作成

[スタート]ボタンを押したときに最初に出るメニュー部分にショートカットを作成します。

クイック起動に作成

タスクバー上の[クイック起動]バーにショートカットを作成します。

解凍時に「クイック起動にショートカットを作成してよいか」を尋ね、OKが選ばれた場合のみショートカットが作成されます。

※ [クイック起動]バーは、Windows95/NT4.0においては「Internet Explorerを『デスクトップ統合』モードでインストールしたとき」にしか使用できないことに注意してください。それ以外のWindows OSでは、常に使用可能です。

このエントリーは役に立ちましたか?