Version 7.2.1 リリースノート(2024/05/31)

概要

UI改善とクラッシュを含む不具合を修正しました。

改善

  • フレームコントロール:チャート上で矢印キーを押して移動した際に選択範囲の外に出た時に範囲選択をクリアするようにしました。
    • 矢印キーでフレームを移動して Ctrl+V で連続でペーストする動作が出来なかった問題の対応になります。
    • この動作を無効化するには、環境設定 – フレームコントロール – チャート上で矢印キーによる移動で選択範囲の外に出た場合、範囲選択をクリアする のチェックを外してください。
  • パーツカラーの編集:半透明のカラーボックスの背景色を市松模様にしました。
  • UI:描画する優先度の設定と優先度の編集の導線を追加しました。
    • パーツツリー:優先度ビュー:右メニューに描画する優先度の設定を開くコマンドを追加。
    • メニュー:編集 → アニメーション → 優先度の編集 を追加
    • プロジェクト:Setup/アニメーションのコンテキストメニューに 優先度の編集 を追加
  • ショートカットキーの編集:コマンド名の検索と割り当てを解除するUIを追加しました。
  • (Macのみ) キー編集ツール:ウィンドウメニューに「フルスクリーンにする」コマンドを復帰し、変更できるようにしました。
  • 自動バックアップ:定期バックアップの最低間隔を1分に変更しました。
    • またプログラムの続行不可能なエラーが発生した場合にも自動バックアップが動作するようにしました。

不具合修正

  • アニメーション編集:キーが1つも無いパーツに対して値の変更、Undoなどの操作を行うとクラッシュすることがある。
  • レンダリング:「閉じる」で閉じた場合、背景色の変更が記憶されない。
  • レンダリング:αチャンネルの追加をOnにしても背景色で塗られてしまう。
  • セルの位置とサイズ入力:位置とサイズの変更が適用されない。
  • プロジェクト:エフェクト、サウンドリストのファイルをダブルクリックした時にリネームモードに入ってしまう。
  • プロジェクト:選択パーツが1つもない状態でエフェクトファイルをリネームするとアクセス違反が発生する。
  • ファイル保存:エフェクトファイルの「ファイル保存」およびプロジェクトから除外時の警告で保存される時の基準フォルダがアニメーションの基準フォルダになっている。
  • 7.2 バックアップ:定期バックアップの間隔を5分未満(1分未満)可能にする&AF時のバックアップ発動
  • 環境設定で「フレームコントロールに反映」がONの状態で、フレームコントロールのパーツのアトリビュート行が閉じている時に、特定の操作でパーツのアトリビュート行が開かない。

既知の不具合

  • レイアウトウィンドウ上部のツールバーの「ウェイト」カテゴリにある「ウェイトの自動設定」を有効にした状態で、ボーンパーツを追加し、操作するとクラッシュする問題があります。この場合、「ウェイトの自動設定」を無効化するか、Ver.7.1.4 以前のバージョンをお使いください。
  • レイアウトウィンドウ上部のツールバーの「表示」カテゴリにある「ウェイト表示」を有効にしても、メッシュパーツのウェイト割合によるグラデーション表示が行われません。この機能が必要な場合、Ver.7.1.4 以前のバージョンをお使いください。