Press Release

報道関係各位

画像のファイルサイズを減らし、表示の高速化、サーバーと回線の負担を軽減する
Webデザイナー向け画像最適化ソフト「OPTPiX Pro(オプトピクス プロ)」発売開始

2010年 7月12日
株式会社ウェブテクノロジ

画像ソリューションプロバイダの株式会社ウェブテクノロジ(本社:東京都豊島区、代表取締役:小高輝真)は、減色によりWebサイト用の画像のファイルサイズを減らし、閲覧時の表示速度の向上、サーバーと回線の負担を軽減する、Webデザイナー向け画像最適化ソフト「OPTPiX Pro (オプトピクス プロ)」を 7月12日(月)より発売いたします。ウェブテクノロジ直販価格は1ライセンス37,800円(税別)となります。

Zoom[デスクトップ画像]

インターネットが普及し、膨大なデータがWebサーバーに蓄積され、数多くのデータが転送されています。データには、テキストや画像、動画などが存在しますが、ファイルサイズの大きさや転送機会の多さから、画像ファイルのサーバーや回線における比率は非常に高いと考えられます。

写真、バナー、アイコンなどの画像ファイルを、クオリティを維持しつつファイルサイズを小さくすることができれば、閲覧時の表示速度の向上、サーバーに蓄積するファイルサイズの削減、転送するデータ量の削減を図ることができます。

一例として、2009年4月、Yahoo!ニュースがリニューアルされ、表示の高速化が行われました。高速化の手法としてCSSスプライトの採用、8bit PNGの採用、減色処理などが取り入れられています。CSSスプライトは、多くの画像を1枚の画像にすることで、画像ファイルを読み込む際に生じるHTTPリクエストの回数を減らし、ページの表示速度を速くすることができます。また、画像形式をGIFよりも容量を減らせる8bit PNGを使用することで、ファイルサイズを小さくすることが可能です。

さらに、少ない色数、少ない容量、綺麗な画質を実現する減色ソフトの使用や、画像に含まれる不要なデータを削除することで約27%もファイルサイズを小さくすることができ、これらの改善により、3~5秒だった表示速度をリニューアル後は1秒以下にすることができました。

参照:Yahoo! Japan TechBlog(Yahoo!ニュース高速化へのサイトデザイン側からのアプローチ)

画像のファイルサイズを小さくすることは、表示の高速化だけでなく、サーバーや回線の負担も軽減され、大きなコストダウンにつながります。インターネット環境全体を考えれば、大きなエコにつながる可能性があります。

「OPTPiX Pro」は、画像の色数を少なくし、少ない容量、綺麗な画質を実現する減色ソフトで、Webサイトで用いられる画像の最適化が可能となり、Webページのパフォーマンスの向上や、Webサーバーや回線の負担を軽減することができるアプリケーションです。

「OPTPiX Pro」は高品質なアルファチャンネル対応減色が可能で、ファイルサイズの小さい8bit PNG形式でデータを保存することができます。Webサイトの高速化に有効なCSSスプライトに特化した減色を行うことも可能で、減色時にエリアを指定し、エリア毎に最適な色数を指定して減色可能することができます。

また、「OPTPiX Pro」にはPhotoshop と連携可能な、「Photoshop プラグイン」が付属しています。Photoshop ユーザーの方は効率良く「OPTPiX Pro」の減色機能を使用することができます。

「OPTPiX Pro」の主な機能

CSSスプライト減色

Webサイトの高速化に有効な「CSS スプライト」に特化した減色をすることが可能です。減色時にエリアを指定し、エリア毎に割り当てる色数を指定することが可能です。エリア毎に最適な色数を指定して減色可能です。

クリックで拡大
元画像をエリアに分けるため、赤、緑、青で色分けされた画像を用意
赤、緑、青のエリア毎に色数を指定して減色することが可能。赤いエリアに192色を割り当てた。

減色後の結果(ロゴの部分を300%に拡大表示)

オリジナル
Photoshop CS5 で画像全体を256色に減色
OPTPiX ProでCSSスプライト減色を使用し、エリア内を192色で減色

減色で「重要領域指定」に対応

画像の中の、なるべく残したい色味を任意に指定して減色することができます。指定した色は、減色時に優先度が高く設定され、理想的な減色結果を容易に得られます。会社ロゴなどを含むバナーを制作する際に、ロゴで使用している色の再現性が高くなります。

オリジナルJPEGファイル(234KB)
Photoshop CS5で64色に減色したPNGファイル。唇の色が肌の色と同じになっています。(145KB)
OPTPiX Proで唇を重要領域指定して64色に減色したPNGファイル。唇の色がきれいに残っています。(111KB)

高品質なアルファチャンネル対応減色

高品質なアルファチャンネル付きインデックスカラー画像へ減色することができ、8bit PNG形式での保存ができます。


元画像

アルファチャンネル

アルファ付きダイレクトカラーPNG画像(9.52KB)

アルファ付きダイレクトカラーPNG画像を256色に減色し、8bit PNGおよびGIF形式で保存


アルファチャンネルを持たないGIFにすると、影が半透明にならず、縁もギザギザになってしまいます。(6.83KB)

アルファチャンネルを持ったまま減色して8bit PNG形式で保存すると、影が半透明で滑らかな画像となります。(5.86KB)

ファイルサイズの試算と調整

「ファイルサイズ試算」機能で、画像を保存した時のファイルサイズを瞬時に試算することができます。


インデックスカラー

ダイレクトカラー

指定したファイルサイズ内に収まるように、色数や画質を自動調整することができます。


インデックスカラーのファイルサイズ調整

ダイレクトカラーのファイルサイズ調整

画像の「一括処理」機能

大量の画像に対し、一気に同じ加工処理をすることができます。サムネイルの生成や文字の挿入などの作業効率を大幅にアップさせることが可能です。画像ファイルに対してだけでなく「OPTPiX Pro」が現在開いているすべての画像に対しても実行できます。

Photoshop プラグインを付属

Photoshopから簡単に「OPTPiX Pro」が使えるように、Photoshop 用プラグインが付属しています。Photoshopで編集中の画像を「OPTPiX Pro」へ引き渡すことも、Photoshopで編集中の画像を「OPTPiX Pro」で減色することも可能です。

「OPTPiX Pro」の概要

製品名 OPTPiX Pro (オプトピクス プロ)
発売日 2010年7月12日(月)
販売価格 ウェブテクノロジ直販価格 37,800 円(税別) / ライセンス
ベクター販売価格 39,800 円(税別) / ライセンス
  • ベクターでの販売は近日中に開始予定です。
  • OPTPiX Snap (OPTPiX webDesigner Ver.4) ユーザー様には優待販売があります。
対応OS 日本語版 Windows 7 / Vista / XP (32bit & 64bit)
対応機種 上記OSが正常に動作するもの
CPU Intel® Pentium® 4以上を推奨
搭載メモリ 1GB以上を推奨
グラフィックス 1024×768ドット以上(フルカラー)を推奨
通信環境 ライセンス認証のため、インターネット接続環境が必須
※Photoshop プラグインは、Photoshop 7.0 以降に対応しています。

お問い合わせ先

株式会社ウェブテクノロジ・コム
ソリューション営業部
〒171-0021 東京都豊島区西池袋5-14-8 東海池袋ビル

お問い合わせはこちらのフォームから入力できます

OPTPiX, Web Technologyは株式会社ウェブテクノロジの登録商標です。
その他、記載されている会社名・製品名は各社の登録商標または商標です。

SHOWCASE GALLERY

ゲーム業界No.1シェアの画像最適化ツール・サービスの導入事例を紹介

OPTPiX Labs Blog

ウェブテクノロジの公式ブログ
画像に関する技術的内容を随時更新

サポート・お問い合わせ

画像処理に関することは何でもお問い合わせください。

  • facebook
  • facebook
  • 株式会社CRI・ミドルウェア