SsCellFindTool 未使用セルの検出

「SsCellFindTool」は、SpriteStudio 5で作成したプロジェクト内で、アニメーションから参照されていないセル、ssce(セルマップファイル)を調べるツールです。

未使用のセルを削除することによるssceのスリム化はもちろん、テクスチャ画像から未使用のセルを削除することで、画像サイズを小さくするなど、全体的なファイル容量の削減に役にたちます。

本ページではVersion 1.0.1について解説しています。
Version 1.0.0をご利用の方はお手数ですがアップデートをお願いいたします。

Version 1.0.1の主な更新内容

  • 複数のsspjを1度にチェックできるように修正
    • 「sspj選択ボタン」を「ファイル追加」に変更 
    • チェック開始ボタン追加
    • リストの保存・読み込み・クリア機能の追加
  • チェック結果の表示見直し
    • 「未使用セルマップ」「未使用セル」を日本語に修正
    • 「Check End」の後に改行・仕切りを追加
    • 未使用セル・セルマップがない場合に、Noneと表示するように修正
  • 「結果を保存」で保存したtxtの改行コードを見直し
  • 文章の表記見直し

SsCellFindToolの使い方

ここではSsCellFindToolの基本的な使い方を解説します。

事前準備

SsCellFindToolを利用を使用するにあたり、事前に準備を行います。

SsCellFindToolを利用のダウンロード

まず、GitHubのこちらからダウンロードしてください。
「SsCellFindTool.zip」を無事ダウンロードしたら、Zipデータを解凍します。

無事解凍できればSsCellFindToolの準備は完了です。

使い方

「SsCellFindToolGUI.exe」を開く

SsCellFindToolフォルダ内にある「SsCellFindToolGUI.exe」をダブルクリックすると「SsCellFindTool」が開きます。

Sscellfindtool_03

チェックしたいsspj(プロジェクトファイル)を読み込む

SsCellFindToolを開いたら、チェックしたいsspj(プロジェクトファイル)を選択し、読み込みます。

「ファイル追加」ボタンを選択し、エクスプローラから選択するか、空欄にsspjをドラッグ&ドロップしてください。
複数のsspjを追加することで、一度で複数のsspjのチェックすることも可能です。

sscellfindtool_a_01

「チェック開始」を選択すると、sspjのチェックが始まります。
「未使用セル」の箇所に書かれるのが「使われていないセル」
「未使用セルマップ」の箇所に書かれるのが「使われていないssce」です。

この結果を元に、未使用のssceやセルを削除してください。

下の図ですと

  • 未使用セル:「dot_anime.ssce」というssceから作成した「head」が未使用
  • 未使用ssce:無し

という結果になっています。

sscellfindtool_a_02

 

ユーザーガイド

ここでは「SsCellFindTool」の各種機能についての説明と、注意点について説明しています。

SsCellFindToolのウィンドウについて

sscellfindtool_a_01

ファイル追加

チェックするsspjをエクスプローラ上から選択します。
欄に対しsspjをドラッグ&ドロップしてもsspjを選択・追加することが可能です。

複数のsspjを選択し、1度にチェックを行うことが可能です。

リストの読み込み

「リストの保存」で保存したtxtファイルを読み込み、反映します。

リストの保存

現在選択しているsspjのリストをtxtファイルで保存します。

クリックすると保存のためのエクスプローラが開きますので、ファイル名と保存先を指定してください。

保存したリストは「リストの読み込み」で使用することができます。

リストクリア

現在選択しているsspjを解除します。

チェック開始

選択しているsspjの未使用セル、未使用ssceのチェックを開始します。
結果は「チェック結果」欄に記載されます。

結果を保存

「チェック結果」をtxt形式で保存します。

クリックすると保存のためのエクスプローラが開きますので、ファイル名と保存先を指定してください。

終了

SsCellFindToolを終了します。

このエントリーは役に立ちましたか?