エクスポート時の「Incompatible attribute to export ssax: ????」という警告に対処したい

本ページはSpriteStudio 5を対象に解説しています。
SpriteStudio Ver.6はSpriteStudio professional(Ver.4)との互換性はありません。

このエラーは、Ver.4 互換フォーマット(ssa/ssax/ssba)では対応していないアトリビュートを使用しているアニメーションデータをエクスポートした際に出力されます。

faq_ss5_export_warning_incompatible_01

エラーを回避する方法

ssaxやssaを利用するSpriteStudioプレイヤーでは、「X軸回転」や「インスタンス」等、OPTPiX SpriteStudio 5 で追加されたアトリビュート、機能との互換性はございません。

互換性の無いアトリビュートや機能を使用しないようにするには、アニメーションを作成し始める前に、必ず「互換性」の設定を行ってください。

Ver.4以前のデータと互換性のあるアニメーションデータを作成する場合は

  • 「再生対象のプラットフォーム」が正しいか
  • Ver.4互換機能に制限するにチェックが入っているか

の2項目を確認してください。

互換性について、詳細は以下のページをご覧ください。

製作途中に「互換性」を変更する際の注意点

アトリビュートが設定された状態で、「互換性」で「Ver.4互換機能に制限する」にチェックを入れると、アトリビュートウィンドウから互換性のないアトリビュートは表示されなくなりますが、すでに設定されたアトリビュートは削除されません。

互換性のないアトリビュートを設定してしまっている場合は、対象のキーから削除を行ってから、改めて「互換性」を設定してください。

エラーの解消方法

エクスポート元のアニメーションデータのキーから、原因となっているアトリビュートを削除することで、エラーが出力されなくなります。

どのキーに設定してしまったか不明な場合、エラーが発生するssaeをテキストエディタを開いて、該当のキーを探すことができます。

例として、「X軸回転」アトリビュート(ROTX)を使用しているキーを探します。
その他のアトリビュートでエラーが発生している場合は、以下のリストで該当のアトリビュートをご確認ください。

1.<attribute tag=”アトリビュートのID”>を検索します。
今回は<attribute tag=”ROTX”>で検索します。
「ROTX」は「X軸回転」アトリビュートを指します。

<attribute tag=”ROTX”>
<key time=”0″ ipType=”linear”>
<value>4</value>
</key>
</attribute>

「X軸回転」が

フレーム 0 に 補間方法は「線形」 で

4 で設定されています

2.「X軸回転」がどのフレームに設定されているかを確認したら、次はどのパーツに設定されているかを確認します。
<attribute tag=”ROTX”>の位置から、<partAnime>で上方向に検索します。

<partAnime>
<partName>part 1</partName>

「part 1」という名前のパーツ

これで「X軸回転」が「part1」という名前のパーツに設定されていることが分かります。

3.最後にどのアニメーションデータに設定されているかを確認します。
<partAnime>の位置から、<anime>で上方向に検索し、アニメーションデータの名前を確認します。

<anime>
<name>motion 1</name>
「motion 1」という名前のアニメーションデータ

上記の結果により

アニメーションデータ「motion1」の
「part1」というパーツの中の
フレーム0 の位置にあるキーに「X軸回転」が設定されている。

ことが分かります。
問題となっているキーがどこにあるか判明しましたら、該当のキーからアトリビュートを削除してください。

faq_ss5_export_warning_incompatible_02

関連ページ