トリミング位置設定

フィーチャーフォン向けの本機能はOPTPiX imésta 7 for Mobile & Social 32bit版用の機能です。OPTPix imésta 7 for Mobile & Socialの64bit版及びGame & Embeddedではご利用いただけません。

トリミング位置設定「マルチイメージ生成」処理で、イメージのどの部分を切り抜くかを指定します。

プレビュー領域のイメージ上でクリックして、トリミング座標(機器ごとの切り抜き位置)を指定します。指定位置を中心にした、各機器のサイズへの切り抜きが行われます。

マクロで「マルチイメージ生成」処理を行うときは、別のダイアログが表示されます。

切り抜き設定

マルチイメージ生成では、まずベースとなる画像を元画像から切り抜いて準備し、それをさらに個々の機器用に切り抜きます。ベースとなる画像の領域は、[マルチイメージ生成] ダイアログを開く前に領域選択することで指定しますが、このボタンでそれを微調整することができます。

サイズ調整

切り抜き線となる領域選択枠の4辺の位置をそれぞれ調整します。

[Ctrl]キー を押していると、8ドットずつ調整します。

位置調整

切り抜き線となる領域選択枠の位置を調整します。

[Ctrl]キー を押していると、8ドットずつ調整します。

移動 画像の四隅・中央に選択領域の位置を合わせます。
元に戻す 切り抜き設定を初期値(このダイアログを開いたときの状態)に戻します。

X, Y

トリミング座標を数値で指定します。

中心

画像の中心をトリミング座標にします。

ズームイン・ズームアウト

プレビュー領域を拡大・縮小表示するときに使用します。

<,>

表示されるレイヤを変更します。[マルチイメージ生成(アニメ出力)] ダイアログから呼び出したときに表示されます。

なるべく画像からはみ出さないように位置を調整

余白が発生しないようにずらすトリミング位置を「余白が発生しない」ようにイメージ内側にずらします。

機器画面より小さい画像に対して実行したときは、画像が中央に位置するように自動的にセンタリングされ、余白が追加されます。

トリミング枠

機器画面サイズ枠メニューイメージ上に、機器画面のサイズを示した枠線を表示します。

縦横最小+縦横最大 対象機器から、「縦+横の長さ」が最小のものと最大のものをそれぞれ選び出し、そのサイズの枠線を表示します。
横最大+縦最大 対象機器から、横の長さが最大のものと、縦の長さが最大のものをそれぞれ選び出し、そのサイズの枠線を表示します。
横最小+縦最小 対象機器から、横の長さが最小のものと、縦の長さが最小のものをそれぞれ選び出し、そのサイズの枠線を表示します。
表示機器を指定

対象機器から任意の1つのサイズを選び、そのサイズの枠線を表示します。

表示しない 枠線を表示しません。