余白の塗り潰し設定

フィーチャーフォン向けの本機能はOPTPiX imésta 7 for Mobile & Social 32bit版用の機能です。OPTPix imésta 7 for Mobile & Socialの64bit版及びGame & Embeddedではご利用いただけません。

余白の塗り潰し設定「マルチイメージ生成」処理で発生した余白の塗り潰し方法を指定します。

設定

塗り潰す色を指定します。

デフォルトカラー

自由設定できる初期値で塗り潰します。

デフォルトカラーは、[環境設定 – 編集機能] ダイアログで設定します。

指定色

指定した色で塗り潰します。[イメージから選択]ボタンをクリックすると、イメージから色を選択することができます。

黒/白 黒(RGB=0,0,0)または白(RGB=255,255,255)で塗り潰します。
イメージ枠の平均色 イメージの外周のピクセルから平均値を求め、その色で塗り潰します。
イメージ枠の最多使用色 イメージの外周のピクセルでもっとも多く使われている色を求め、その色で塗り潰します。
イメージ枠の色を延長 イメージの外周のピクセルを、そのまま外側へコピーします。

画像の位置調整(余白の配分調整)

余白をどのように設置するかを指定します。

周囲に余白を付ける 対象機器のサイズに画像を合わせたあと、さらに指定した比率に画像を縮小して、中央に配置します。画像に縁を付けるような効果を与えます。
上下/左右に余白を付ける 対象機器のサイズに画像を合わせたあと、中央・両端・25%位置のどこに画像を配置するかを、「縦方向に余白が付くとき」「横方向に余白が付くとき」のそれぞれについて指定します。