トリミング

フィーチャーフォン向けの本機能はOPTPiX imésta 7 for Mobile & Social 32bit版用の機能です。OPTPix imésta 7 for Mobile & Socialの64bit版及びGame & Embeddedではご利用いただけません。

「マルチイメージ生成」のうち、画像の縮小と、切り取りや配置の方法を設定します。

「マルチイメージ生成」を実行するには、メインメニューから[イメージ]-[マルチイメージ生成]を選びます。

開いている画像に対してマルチイメージ生成を実行するときは、事前に領域選択をしておくことで、選択したサイズにトリミングされた画像からマルチイメージ生成を行うことができます。

拡大縮小して合わせる

拡大縮小して合わせるイメージを拡大縮小することで、縦または横(あるいは両方とも)がぴったり機器画面に収まるようにします。

補間方法

拡大・縮小を行うときの、イメージの補間方法を指定します。詳細は「拡大・縮小」の項をご覧ください。

縦横比(アスペクト)を固定

このオプションをONにすると、縦と横のサイズ比を保ったまま拡大・縮小します。

OFFにすると、機器の縦横両方の幅に合わせて縦横比が変化します。縦長の画像が横長になったり、逆に横長の画面が縦長になったりすることがあります。

調整方法

元イメージと機器の画面で縦横比が異なる場合、どのように拡大・縮小を行うかを指定します。

縦長・横長画面で別々の設定をする

入力イメージより出力先が縦長のときと、横長のときとで、設定を分けます。OFFのときは、共通した設定を使います。

余白が発生しない最大のサイズ 機器の縦横比に合うように、かつトリミング位置が中央になるように縦または横のどちらかを切り取ります。その後、機器の画面サイズに合うように拡大・縮小します。
必ず画像全体を収める(余白あり) 機器の縦横比に合うように、かつトリミング位置が中央になるように縦または横のどちらかに余白を追加します。その後、機器の画面サイズに合うように拡大・縮小します。
高さを合わせる(左右に位置を調整) 上下がぴったり合うように拡大・縮小してから、トリミング位置が中央になるように左右に位置を調整し、最後にはみ出した部分をカットします。
幅を合わせる(上下に位置を調整) 左右がぴったり合うように拡大・縮小してから、トリミング位置が中央になるように上下に位置を調整し、最後にはみ出した部分をカットします。

トリミング位置設定

切り抜き部分の位置を指定します。

なるべく画像からはみ出さないように位置を調整

余白が発生しないようにずらすトリミング位置を[トリミング位置設定]で合わせた位置から「余白が発生しない」ようにイメージ内側にずらします。

機器画面より小さい画像に対して実行したときは、画像が中央に位置するように自動的にセンタリングされ、余白が追加されます。

[不足部分に余白を追加して機器画面サイズに合わせる]がOFFのときは、余白は追加されません。

不足部分に余白を追加して機器画面サイズに合わせる

サイズと位置合わせの結果、機器の画像サイズよりイメージが小さくなったときに、余白を追加します。

[透過色]タブで[余白の塗り潰し色を透過色にする]を選ぶと、余白を透過色にすることができます。

機器画面サイズよりも小さかった場合に拡大しない

機器画面サイズより小さい画像をマルチイメージ生成処理するときは、拡大せずにそのままのサイズで出力します。

マクロ実行時に、画像毎に「トリミング位置設定」を行う

マクロで「マルチイメージ生成」のみを実行するときに、すべての画像のトリミング位置設定を個別に行うダイアログを表示します。

マクロの「複数機能連続実行」モードで他の機能と組み合わせてこの機能を実行するときは、この指定は無効となります。トリミング位置指定が必要なときは、「単独機能実行」モードで実行してください。

拡大縮小せず切り抜き

拡大縮小して合わせるイメージの一部を切り抜くことで、サイズを合わせます。

調整方法

元イメージと機器の画面で縦横比が異なる場合、どのように切り抜きを行うかを指定します。

トリミング位置設定

切り抜き部分の位置を指定します。

なるべく画像からはみ出さないように位置を調整

余白が発生しないようにずらすトリミング位置を [トリミング位置設定] で合わせた位置から「余白が発生しない」ようにイメージ内側にずらします。機器画面より小さい画像に対して実行したときは、画像が中央に位置するように自動的にセンタリングされ、余白が追加されます。

[不足部分に余白を追加して機器画面サイズに合わせる] がOFFのときは、余白は追加されません。

不足部分に余白を追加して機器画面サイズに合わせる

サイズと位置合わせの結果、機器の画像サイズよりイメージが小さくなったときに、余白を追加します。

[透過色]タブで[余白の塗り潰し色を透過色にする]を選ぶと、余白を透過色にすることができます。