透過色指定(マルチイメージ生成)

フィーチャーフォン向けの本機能はOPTPiX imésta 7 for Mobile & Social 32bit版用の機能です。OPTPix imésta 7 for Mobile & Socialの64bit版及びGame & Embeddedではご利用いただけません。

透過色の指定透過色は、イメージの中の一つの色の領域を透明として扱う機能です。一般的には透明色・抜き色などとも呼ばれます。

透過色は、「透過貼り付け」・「減色」の透過色指定・「透過色指定(アルファチャンネル新設)」・「透過色に対応したフォーマットでのファイル保存」時に使用されます。

イメージ表示部

ダイアログ内にイメージが表示され、マウスカーソルの形状がspuitとなります。イメージをクリックすると、クリックされたピクセルの色(ダイレクトカラーイメージのときはカラー値、インデックスカラーイメージのときはインデックス値)をもった領域が点滅し、透過色となることを示します。

スクロールバーによるスクロール、[ズームイン]・[ズームアウト] ボタンによる拡大・縮小表示が可能です。

透過色表示部

透過色のカラー値・インデックス値が表示されています。

Index 0

インデックスカラーイメージのパレットエントリ0を透過色とします。

左上

イメージの左上端(座標(0,0))のピクセルの色を透過色とします。

透過色とは

透過色の例透過色をサポートしている表示システムでは、数枚のイメージをアニメのセル画のように重ね表示させて、1枚のイメージとすることができます。ある特定の色を「透明」とみなすことで、その部分は背面のイメージを透過表示させることができるようになっています。

イメージを構成する色のうち、「透明」とみなす色を「透過色」とよびます。この色はイメージ内で使用されることのない色、たとえば(RGB=255,0,255)のような極端なRGBカラー、もしくは黒(RGB=0,0,0)を用います。黒(RGB=0,0,0)を透過色に使うときは、透過色でない黒は(RGB=0,0,8)等を使用するのが一般的です。