ファイル名形式の編集

フィーチャーフォン向けの本機能はOPTPiX imésta 7 for Mobile & Social 32bit版用の機能です。OPTPix imésta 7 for Mobile & Socialの64bit版及びGame & Embeddedではご利用いただけません。

ファイル名形式の編集「マルチイメージ生成」処理で生成したイメージを保存するための、ファイル名の決定方法(書式)を指定します。

ファイル名

ファイル名を決定するための書式文字列を指定します。

「ファイル名のみ」「相対パスを含んだファイル名」のいずれかを指定することができます。

使用可能変数

書式文字列に含めることができる変数の一覧です。ボタンをクリックすると、その変数を示す書式文字列がファイル名に追加されます。

書式文字列

ファイル名を決定するための書式文字列には、以下の文字および変数と、ファイル名として使用可能な任意の文字を使うことができます。

以下の解説では、日付は「2013年1月4日」を例にしています。

\ フォルダ名の区切りを示します。
%% “%”に置換されます。
%image% 対象画像のベース名(ファイル名からフォルダ名と拡張子を除いたもの)に置換されます。
%device% 対象機器名に置換されます。
%date% 実行時の日付に置換されます。”130104″となります。
%yyyy% 実行時の年(4桁)に置換されます。”2013″となります。
%yy% 実行時の年(2桁)に置換されます。”03″となります。
%mm% 実行時の月(2桁)に置換されます。”01″となります。
%m% 実行時の月に置換されます。”1″となります。
%dd% 実行時の日(2桁)に置換されます。”04″となります。
%d% 実行時の日に置換されます。”4″となります。
%group% グループ名に置換されます。
%width% 出力画像の横サイズに置換されます。
%height% 出力画像の縦サイズに置換されます。