Jenkins、Subversion、Gitなどと連携し、
自動で画像を最適化
OPTPiX MacroActor 7
for Mobile & Social

スマートフォンアプリやゲーム開発の現場で使われているJenkinsなどのCIツールやSubversion、Gitなどのバージョン管理システムと連携し、画像の最適化処理を自動で行います。

既存のワークフローにプラグインで組み込むことで、より強力な自動化ソリューションが実現できます。

画像の最適化にはゲーム業界で定評を得ているOPTPiX画像最適化エンジンを使用。高画質と小ファイルサイズを両立した画像最適化を実現します。

特長

画像をフォルダに保存するだけで自動的に最適化

CIツールやバージョン管理システムなどを組み込んだ既存のワークフローとスムースに連携。今まで手作業で行っていたリサイズや減色といった画像の最適化処理の自動化ができるようになり、デザイナーは画像のデザインに集中して作業を進めることができます。

ゲーム業界で定評を頂いているOPTPiX画像最適化エンジンによる画像の最適化はPNG8、PNG24、JPEG、GIFといった定番の画像フォーマットだけでなく、PVRTC等スマートフォンアプリ開発に使用される形式もサポートしています。

* OPTPiX画像最適化エンジンはOPTPiX imésta 7 for Mobile & Socialで使用されている画像最適化エンジンです。詳しくはこちらのページをご覧ください。

常に最適化された画像でビルドを実行可能に

最適化された画像はオリジナルの画像とは別に管理されるため、開発チームは画像ファイルの処理状況を意識することなく、開発に集中できます。

また、画像の最適化はCIツールやバージョン管理システム側で自動で行われるため、組み込み用の画像処理を待つ時間も最小限に抑えることができます。

Jenkins
Apache Subversion git

Unity、Unreal Engine 4、Cocos2d-x等のゲームエンジンとも抜群の相性

開発環境において、CIツールとの併用が一般的なUnity、Cocos2d-x、Unreal Engine 4といったゲームエンジンとの相性も抜群。より効率的なゲーム開発を実現します。

採用実績

株式会社enish 様の活用例

株式会社enish様では同社のソーシャルゲーム「12オーディンズ」の更新にOPTPiX MacroActor 7 for Mobile & Socialをご活用いただいています。jenkinsと組み合わせ、プロジェクト内の更新されたファイルだけを「ClearPVRTC」技術で自動変換する仕組みを構築しています。

作業手順はこんな感じ

  1. プロジェクト側JenkinsにAssetBundle作成指示が来る
  2. プロジェクト側Jenkinsがimésta側JenkinsにClearPVRTCの作成指示
  3. imésta側JenkinsがClearPVRTCを作成
  4. imésta側Jenkinsがプロジェクト側Jenkinsに完了通知
  5. プロジェクト側JenkinsがiOSのみClearPVRTCを使ってAssetBundleのビルド

――"enish engineering blog"より

詳しくは enish engineering blog をご覧ください。

動作環境

対応OS Windows 10 (64bit), 8.1 (64bit), 7 (32bit/64bit)
  • 32bit版は64bitOS上でも32bitアプリケーションとして動作します。
言語 日本語のみ
対応機種 上記OSが正常に動作するもの
CPU Intel Core i7以上を推奨
メインメモリ 2GB以上を推奨
ネットワーク ご利用にはインターネット常時接続環境が必要です。

トライアル

OPTPiX MacroActor 7 for Mobile & Socialの全ての機能を無料で一定期間お試しいただけるトライアルライセンスを提供しています。動作や機能の評価のためにも、まずはトライアルライセンスをご利用ください。

お問い合わせ

OPTPiX MacroActor 7 for Mobile & Social についてのお問い合わせは、以下の「お問い合わせフォーム」にて承ります。


トップへ