Press Release

報道関係各位

「WordPress プラグイン」と
「画像出力機能の強化・対応フォーマット追加」
画像軽量化ソリューション「SmartJPEG」Ver. 2.0 をリリース

2018年 7月 10日
株式会社ウェブテクノロジ

株式会社ウェブテクノロジ(本社:東京都豊島区、代表取締役:小高輝真)は、画像出力機能を強化し、対応フォーマットを追加した画像軽量化ソリューション「SmartJPEG」の Ver.2.0 と、オープンソースのブログシステム「WordPress」から「SmartJPEG」を呼び出し、画像の軽量化を自動で行うプラグインの 2つを 2018年 7月 10日にリリースいたします。

WordPress から SmartJPEG を呼び出す専用プラグインの提供を開始

7,500万以上のサイトで使用されている CMS「WordPress」用のプラグインを開発しました。JPEG 画像をアップロードした際にサーバーにインストールされているSmartJPEG を呼び出し、画像変換を行います。画像変換は軽量化重視から画質重視まで7段階の設定が可能です。また、アップロード時にサムネイル用など任意の解像度の JPEG ファイルを同時に生成することもできます。

SmartJPEG WordPress プラグインは SmartJPEG を利用中のユーザーに提供いたします。

SmartJPEG に画像出力機能の強化と対応フォーマット追加

連番静止画からアニメーション GIF の生成に対応

アニメーション GIF のファイルサイズをさらに小さくする従来の圧縮に加え、指定された静止画の連番ファイルを連結し、それらをアニメーション GIF として出力できるようになりました。

最適な画像フォーマットへの出力判断機能

画像の内容に応じて JPEG・PNG のどちらが適しているかを自動で判断して出力させることができるようになりました。

WebP に対応

WebP の出力に対応しました。
JPEG と同様、WebPも画像の内容に応じて圧縮率を調整し、画質を落とさず軽量化が可能です。

「SmartJPEG WordPress プラグイン」の動作環境

OS CentOS 7, CentOS 6 (いずれも 64bit)
メモリ 4GB以上
PHP Version 5.3.3 以上
その他
  • サーバー側に SmartJPEG Ver.2.00.00 以上のインストールが必要
  • GD ライブラリが必要
  • サーバーがインターネット (IPv4) に接続していること
    (オンライン認証のため)
  • SELinux 環境下の場合は SmartJPEG に適切なポリシーの設定が必要
  • プラグインが対応するフォーマットは JPEG のみ

「SmartJPEG」について

サービス名 SmartJPEG
(スマートジェイペグ)
対応OS
  • CentOS 7, CentOS 6 x86_64
  • Ubuntu x86_64
  • Amazon Linux 2017.09
機能
  • 画像シェイプアップ
  • 圧縮レベル設定(高圧縮~高品質まで7段階)
  • JPEG / PNG / GIF / WebP 圧縮機能
  • JPEG / PNG出力判断機能
  • 画像メイクアップ機能
  • 画像の拡大縮小
  • 長辺ピクセル数指定、縦ピクセル数指定、横ピクセル数指定、倍率指定
  • 拡大縮小アルゴリズム指定
  • 画像の左右回転(0゚,90゚,180゚,270゚)
  • アニメーションGIF圧縮機能
  • 連番画像からのアニメーション GIF 生成機能
  • PHP インターフェース
  • http インターフェース
  • AWS インターフェース

※ 上記機能の一部はオプションとして提供します。

サービスホームページ http://www.webtech.co.jp/smartjpeg/

お問い合わせ先

〒171-0021 東京都豊島区西池袋 5-14-8 東海池袋ビル
株式会社ウェブテクノロジ

OPTPiX、SmartJPEG、Web Technology は株式会社ウェブテクノロジの登録商標です。
その他、記載されている会社名・製品名は各社・各団体の登録商標または商標です。

SHOWCASE GALLERY

ゲーム業界No.1シェアの画像最適化ツール・サービスの導入事例を紹介

OPTPiX Labs Blog

ウェブテクノロジの公式ブログ
画像に関する技術的内容を随時更新

サポート・お問い合わせ

画像処理に関することは何でもお問い合わせください。

  • facebook
  • facebook