概要 :

BSデジタルデータ放送、地上デジタルデータ放送に対応

「地上デジタルデータ放送」「BSデジタルデータ放送」などデジタルデータ放送に対応した画像最適化ツール OPTPiX imésta 7 for Digital Broadcastは元画像のクオリティをほとんど損なうことなくARIB規格に準拠したJPEG、PNG、MNGへ変換することができます。

OPTPiX imésta 7 for Digital Broadcast を「デジタルデータ放送」向けモノメディアデータ制作に、是非お役立てください。

コマンドラインプログラムやライブラリ形式での提供も!

Windows のデスクトップアプリケーションである OPTPiX imésta 7 for Digital Broadcast 以外にも、ARIB規格画像への変換機能をサポートする「コマンドライン変換プログラム」や、「ARIB JPEG出力DLL」といった製品の出荷・採用実績もございます。

データ放送システムへの組み込み用に画像変換機能をお探しの方はお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る

特長 :

ARIB対応PNG・JPEG・MNG・CULTの作成が可能

OPTPiX imésta 7 for Digital Broadcast は、ARIBの定める形式に準拠したデータを作成・出力することができます。

ARIB規格では、ダイレクトカラー画像はJPEG、インデックスカラー画像はPNG(静止画)あるいはMNG(動画)、パレットデータはCLUTで保存する必要があります。 また、それぞれに細かな規定が設けられています。

OPTPiX imésta 7 for Digital Broadcast は、ARIB規格対応のJPEG・PNG・MNG・CLUT形式のファイル入出力に対応しており、これら規格に準拠したARIB YCBCR形式JPEG、PNG、MNGアニメーション、ARIB CLUT作成を簡単におこなうことができます。

MNGやPNGでファイルを保存する際、ファイル内にパレットデータを持たせず、別にARIB用CLUTファイルとして出力することも可能です。

ARIB規格準拠の224色以下のインデックスカラー画像へ減色可能

各方面で高い評価をいただいている"OPTPiX imésta"の強力な減色機能は、1,677万色のフルカラー画像を品質を保ったままARIB規格に準拠した224色以下のインデックスカラー画像へと減色することが可能となっています。

減色の際には、ARIB規格のCLUTを用いるため、減色後の画像をBMLオーサリングツールにダイレクトに渡すことができます。

また、ARIB規格に対応したアルファチャンネル対応減色もサポートしており、ARIB規格に対応したアルファ値パレットを持つインデックスカラー画像を生成することができます。

ARIB規格準拠のMNGアニメーションも作成可能

OPTPiX imésta 7 for Digital Broadcast は、ARIB規格に準拠したMNGアニメーションにも対応しています。

ARIB規格では、使用できるアニメーションデータは、最大64枚の同一サイズ・同一パレットのインデックスカラー画像から構成されるレイヤ画像とされています。

もちろんOPTPiX imésta 7 for Digital Broadcast は、このアニメーションファイルの作成・読み込み・編集・保存・プレビューをサポート。

また、ARIBの運用規定ではフレーム間時間が0.2秒~5.0秒の範囲に制限されていますが、OPTPiX imésta 7 for Digital Broadcast では、範囲外の値を入力しても適切にエラー表示をおこないますので、ケアレスミスが防げます。

「JPEG画像ARIBチェック」機能で規格外の画像を一括確認

「JPEG画像ARIBチェック」機能は、指定したフォルダ以下のJPEG画像がARIB YCBCR形式で保存されたものであるかどうかを判定し、その判定結果を一覧表示します。

結果をクリップボードへ出力することも可能ですので、判定結果を元にして効率良くOPTPiX imésta でARIB規格に準拠したJPEG画像を作成することができます。

また、ARIB YCBCR形式で保存した画像をiméstaへ読み込んだとき、画像ウィンドウのタイトルバーに [ARIB] という文字を表示させる機能も装備していますので、一般的な形式のJPEG画像を編集中であっても、ARIB YCBCR形式JPEG画像との区別が imésta 上で簡単におこなえます。

ファイルサイズ指定JPEG出力機能を搭載

JPEG画像を保存する際に、上限ファイルサイズを指定することが可能です。OPTPiX imésta は、指定された範囲内で最大限の品質の画像を作成します。「ファイルサイズ縮小化フィルター」とあわせてお使いいただくことで、驚くほどの画質を従来よりも一段と小さいファイルサイズで実現することが可能です。

また、「試算&プレビュー」機能を使うことで、最適な画像作成がおこなえます。

PSDレイヤ座標読み込み機

Adobe® Photoshop®で作成されたレイヤ付きのPSDファイルを読み込む際に、レイヤ毎の画像データの配置座標情報をCSVフォーマットで取得する機能です。

メニュー画面などで使用するボタンなどの素材画像の配置座標情報を簡単に取得できるため、デジタルデータ放送用のBMLコンテンツのメニュー画面などの作業効率が飛躍的に向上します。

PSDレイヤ座標読み込み機能詳細

データ放送用文字色パレット作成機能

データ放送で使用する見やすい文字の色を簡単に作成できます。

「文字色と背景色から中間の色を2つ作り出す」方法と、「単一の色の不透明度を変化させて中間の色を2つ作り出す」方法をサポートしています。

無料トライアルはこちら

ページの先頭へ戻る

動作環境 :

動作環境について

Windows版 対応OS: 日本語版 Microsoft® Windows® 10 / 8.1 / 7
  • 64bitOS上では32bitアプリケーションとして動作します。
  • Windows 10・8.1の32bit版には対応しておりません。
  • OPTPiX imésta 7 for Mobile & Social をインストールしたWindows 7 / 8.1をWindows 10にアップグレードする場合、またはWindows 10にAnniversary Updateを適用する場合、アップグレード前にライセンス認証解除の作業が必要となります。詳しくはWindows 10対応状況のページをご覧ください。
対応機種: 上記OSが正常に動作するもの
推奨CPU: Intel® Pentium®4 以上
搭載メモリ: 1GB 以上
グラフィックス: 1024x768以上(フルカラー)を推奨
その他: インターネットを経由して「アクティベーション」(ライセンス認証)をおこないますので、 インターネットへの常時接続環境が必要です。

ページの先頭へ戻る

購入 :

購入・価格情報

製品名 OPTPiX imésta 7 for Digital Broadcast
(オプトピクス イメスタ 7 フォー デジタルブロードキャスト)
価格 見積依頼よりお問い合わせください。
納品方法 購入後メールにてライセンスキーとプログラムのダウンロードURLをご案内いたします
お支払い方法 銀行振込
返品・返金について OPTPiX imésta 7 for Digital Broadcast の全ての機能を、一定期間お試しいただけるライセンスを無料で提供しています。動作や機能の評価のためにも、まずはトライアルライセンスをご利用ください。

見積もり依頼はこちら

ページの先頭へ戻る

トライアル :

トライアルライセンスお申し込み

OPTPiX imésta 7 for Digital Broadcast の全ての機能を、一定期間お試しいただけるトライアルライセンスを無料で提供しています。動作や機能の評価のためにも、まずはトライアルライセンスをご利用ください。

無料トライアルはこちら

ページの先頭へ戻る