マスク機能の使い方

本機能はOPTPiX SpriteStudio Ver. 6 以降で対応しています。
それ以前のバージョンとは互換性がございませんのでご注意ください。

SpriteStudioのマスク機能は、参照イメージの「アルファチャンネルの値」とアトリビュートの「マスク強度」により制御されます。

マスクパーツに設定された参照セルの「アルファチャンネルの値」と「マスク強度」の合計が255以上になった際に、マスクパーツより下に表示されるパーツ画像が表示される状態になります。

なお、マスクの境界にアンチエイリアスはかかりません。
できるだけ画面のピクセルに合わせたマスク画像を作成したほうが良いでしょう。
(拡大するとピクセルが目立ちます)

目次

事前準備

互換性を確認する

まず、「プロジェクト設定」の「互換性」でマスク機能を有効にする必要があります。

マスク用の画像を作成する

マスクはアルファチャンネルの値を読み取りますのでアルファチャンネル情報の含んだ画像を用意します。
色がついていてもPNGファイルやPSDファイルのような透明部分が存在する画像であれば問題ありません。

αチャンネルを利用したマスクの表示例

  1. 以下のようなパーツを作成し、マスクパーツとして配置します。
  2. 先頭フレームで、キーを作成し、アトリビュートのマスク強度を「0」に指定します。
  3. 末尾のフレームでキーを作成し、マスク強度を「255」に指定します。
  4. マスク強度に応じて文字部分のグラデーションがマスクされ、以下のアニメーションのような効果を得ることができます。

操作手順

マスクの設定方法

マスクは通常パーツと同じように配置することができます。

セルリストからマスクパーツを作成する

1.マスクパーツを作成します。

セルリスト上で、マスクに使用したいパーツを右クリックします。

コンテキストメニューの「マスクパーツを作成する」を選択します。

2.選択したセルをマスクパーツとして配置します。

マスクパーツは「mask_セル名」というパーツ名で追加されます。

3.マスク強度を設定します。

マスク強度が0のままだと、マスクされないためです。
アトリビュートウィンドウの「マスク強度」の項目を選択し、0~255の範囲内の、任意の数値を設定してください。

4.レイアウトウィンドウで「マスクの有効化」をONにすると、マスクパーツの箇所がマスクされます。

 

5.マスクパーツは通常のパーツと同様、アニメーションデータ上で編集が可能です。

不要になった場合は「削除」を行ってください。

アトリビュートウィンドウから設定する

通常パーツをアトリビュートウィンドウからマスクパーツに変更することができます。
また、マスクパーツを通常パーツに戻すことも可能です。

マスクパーツからNULLパーツに変更することはできません。

マスク対象となるパーツ

マスクは下記のパーツに対して対象となります。

通常パーツ

マスクパーツの下に置いた通常パーツはマスクされ、見えなくなります。

マスクパーツ

重なった部分のマスク効果を打ち消します。

インスタンスパーツ

インスタンスパーツの「マスク対象」をONにした場合

ソースアニメーションでの各パーツの「マスク対象」の設定に則ってマスク対象となります。
たとえば、インスタンスパーツのソースアニメーションの中で、「A」というパーツをマスク対象から外している場合、「A」はマスク対象から除外されます。

インスタンスパーツの「マスク対象」をOFFにした場合

ソースアニメーションの各パーツの「マスク対象」の設定に関わらず、すべてがマスクの対象外になります。

インスタンスパーツのソースアニメーションにマスクを利用しても、マスクパーツの効果は無視されます。
ソースアニメーションにマスク機能を使用しないでください。

エフェクトパーツ

マスクパーツの下に置いたエフェクトパーツはマスクされ、見えなくなります。

メッシュパーツ

マスクパーツの下に置いたメッシュパーツはマスクされ、見えなくなります。

 

マスク機能を応用する

マスクパーツを複数使用する

マスクパーツは1枚だけでなく、複数合成して使用することができます。
複数のマスクパーツを重ね、座標移動や回転、スケールを設定することで、複雑なアニメーションを作り出すことが可能です。

実際の使用例

カットイン演出に使用する

マスク機能を利用することで、カットイン演出を作成することができます。
事前にマスク機能を利用してカットインアニメーションを作成し、合成したいアニメーションにインスタンスパーツで組み込むことで実現しています。

カットイン演出の元となるアニメーションを作成します。

カットイン演出をインスタンスパーツとして配置を行い、その上に、マスクパーツを載せます。

ベースとなるアニメーションデータをマスク対象から外し配置することで、カットイン演出を挿入することが可能です。

作成したアニメーションをインスタンスパーツとして呼び出し、呼び出した側のアニメーションデータ上で、カットインの形に抜いたマスクパーツで抜き出すことも可能です。

特定のパーツの上にのみ演出を表示する

特定のパーツの上にのみ何か演出を表示したい場合、マスク機能を利用することで実現することができます。
キャラクターの形に作成したマスクパーツを利用して、キャラクターの前のみに文字がスクロールするようにしています。

マスク機能の注意点

  • インスタンスパーツのソースアニメーションにマスクを利用しても、マスクパーツの効果は無視されます。
    ソースアニメーションにマスク機能を使用しないでください。
  • マスクパーツに不透明度を設定しても、表示に影響しません。マスクパーツを親パーツとしている場合、子パーツに継承されます。
  • マスクパーツはパーツカラー、ローカル不透明度を設定することはできません。

関連ページ