GitHub」タグアーカイブ

Microsoftの新しい入力デバイス「Surface Dial」を自作Windowsアプリで使うには

開発担当の橋本孔明です。

昨年10月、Microsoftの発表会において、同社のフラグシップ タブレットPCとなるSurface Studioに加え、Surface Dialという新しい入力デバイスが発表されました。

オーディオ アンプのボリュームのような外観をしているSurface Dialは、主に回転入力を受け取って何らかのUI操作を行うためのデバイスですが、机の上に置いて使う通常の方式に加え、Surface Studio(およびシステム アップデートを行ったSurface BookとSurface Pro 4)の画面上に置いて使うことで、その位置に直接UI要素を表示し、直感的に操作できるというのが特徴です。

Microsoftのデモンストレーションでは、主にペイント系やベクター系のグラフィックス ツールと組み合わせ、ペンの太さや選択色といった操作コンテキストの切り替えに活用するストーリーが紹介されていました。

Surface Dialは、その名称や一部の紹介記事などにより、「対応するSurfaceシリーズと組み合わせないと使えない」という誤解をされている場合も見られるようですが、そのようなことはありません。Windows 10 Anniversary Update(バージョン1607)以降であれば他のコンピューターでも問題無く使用することができます。Surfaceシリーズ以外での制限事項は「画面上に置く」使い方ができないことだけです。

去る6月15日、Surface StudioとともにSurface Dialも日本での正規取り扱いが開始され、10,000円強という価格で国内でも入手できるようになりました。 続きを読む

カテゴリー: 開発・プログラミング | タグ: , , ,

C++で使用できる汎用アニメーションライブラリssbpLibのご紹介

SpriteStudio開発チームの小泉です。
今回はC++汎用アニメーション再生ライブラリssbpLibをご紹介します。

psvita_thumb

PlayStation® VitaでSpriteStudioのアニメーションを再生している様子

ssbpLibとは?

OPTPiX SpriteStudio 5(以下、SpriteStudio)で作成したアニメーションを再生するライブラリとして、SpriteStudio5-SDKをGitHubで公開していますが、SpriteStudio5-SDKは本体と同等の処理が含まれているため全体のコード量も多く、アニメーションを再生したいという目的で考えるとアプリへの組み込みは手軽とは言えませんでした。

そこでアニメーション再生情報に特化した汎用フォーマットであるssbpフォーマットを開発することにしました。再生のための情報に最適化することで再生プログラムをシンプルにできます。コンパクトであり手軽に扱えるアニメーション再生ライブラリ、それがssbpLibです。 続きを読む

カテゴリー: OPTPiX SpriteStudio | タグ: , , , , , , | 2016/08/31 更新

SAPPORO CEDEC 2014 ご来場いただきありがとうございました

お世話になっております。ウェブテクノロジ・コムの浅井です。先日のSAPPORO CEDECでは、ご来場誠にありがとうございました。

IMG_2014-11-21_10-28-04

北海道の皆さんに東京の開発事情とナレッジとOPTPiX SpriteStudioの宣伝を! ・・・と思ったのですが、セッションにご参加いただきました皆さんはご承知の通り、いい感じにファミ通さんにもネタにしていただくことが出来ました。
(いや、あそこまで脇役を担当することになるとは思ってなかったんですが) 続きを読む

カテゴリー: イベント | タグ: , , | 2016/08/30 更新