『CARTA』で、OPTPiX SpriteStudio の素材販売が始まりました

ゲーム素材のマーケットプレイス『CARTA(カルタ)』をご存知でしょうか。2017年6月現在で、4万点を軽く超える素材が並ぶ、ゲーム素材の一大マーケットです。この CARTA で、SpriteStudioのデータ素材の取扱が始まりました。

CARTA で取り扱っている素材データ、2Dイラストや背景素材、そして3Dのモデリングデータなどなどと多彩。

今回、このラインナップに加わる SpriteStudio 作の素材は、ジャンルを問わず汎用的に使える『エフェクト』素材、そしてキャラクターアニメーションのベースとなる『素体』素材の2種類。それぞれ『炎』『水』、『男性』『女性』のバリエーションをご用意しました。 掲載データの形式は”.sspj”、つまりアニメーションを構成するすべてのデータを内包していること、かつ「ライセンス許諾型」で提供していますので、購入後でも、ユーザーは自由にデータを改変することができます。

プロトタイプ開発や本開発時のリソースとしてのご利用はもちろん、SpriteStudioのアカデミックライセンスとの併用で、若手クリエイターの育成にも。もちろん、SpriteStudioのユーザーの皆さんのデータ販売についてもご相談に乗りますのでお知らせください。

エフェクト素材@CARTA
SpriteStudioについてのお問い合わせ

タグ: , , |

コメントはこちら