田中圭一のゲームっぽい日常 「一発ギャグ」の謎

一発ギャグという単語がある。
ギャグマンガのキャラクターやお笑い芸人が使う「決めフレーズ」のことだ。
小島よしおの「オッパッピー」とか、こまわりくんの「死刑!」などがそれだ。(例えが古くて恐縮です)

たいてい、おかしなポーズとおかしな表情で落とす「笑いの必殺技」である。そう、一発ギャグの多くは、その前後の話の脈絡に関係なく、その場のオチをつけるために発せられる。

冷静に考えて欲しい。

「そんなの関係ねぇ、そんなの関係ねぇ、そんなの関係ねぇ、」と、ここまではわかる。次の「オッパッピー!」は日本語ですらない、小島よしおの心の叫びというか雄叫びだ。そこに意味はまったくない。でも観客は、「オッパッピー!」で大爆笑(だった、あの当時)。

大学でギャグマンガを教える身になってみて、はじめて「一発ギャグ」の不思議さに気がついた。「一発ギャグ」は、脈絡もなく意味もなく、突然やってきて読者や視聴者を笑わせる。じつに不思議だ。

本来「笑い」には「理屈」があるものだ。

例えば・・・
復讐すべき敵にようやく巡り会えた主人公が、鬼のような形相で敵に突進していく。
主人公「絶対にきさまだけは許さん!!」、と猛ダッシュ!その瞬間、足下のバナナの皮にすべって派手に転ぶ。
・・・シリアスな展開かと読者に思わせておいて、バナナで転ぶという古典的なギャグ展開、この落差に「笑い」は生まれる。

不条理ギャグマンガにしても、実際はある程度の「条理」がある。

ある有名な不条理ギャグマンガの1本に、こんなネタがある。居酒屋で4人の男たちが「若いころは夢もあったけど、今はもう日々を生きるのに精一杯だ。オレたちサラリーマンの辛さなんて、誰もわかっちゃくれないよなぁ。」と嘆く。4人のうち3人は背広にネクタイ姿。残る1人は、宇宙人。4人でビールをあおって「はぁ~」とため息。

これも不条理とは言いつつも、読者が心の中で「こいつはサラリーマンじゃなくて宇宙人だろうが!」と突っ込むことで「笑い」が発生する。サラリーマンとか言っているけど、どう見ても宇宙人じゃないか、という落差が「笑い」のトリガーだ。

さて、話を戻すが、「オッパッピー」はこういった「理屈」では説明できない。
なぜいきなりヘンなポーズ、ヘンな顔で雄叫びのような声を上げるの?
説明はつかないが、視聴者はネタの途中ではなく、この「オッパッピー」のところで笑うのだ。

格闘技などで、相手に襲いかかるときに発する「どりゃあああ!」とか「だっしゃああ!」とか「とう!」なんかも、意味はなく、いわば「魂の叫び」だ。

デスメタルの「うめき声」も「魂の叫び」だ。言わば、動物の鳴き声に近いものなのかもしれない。理屈じゃなく、DNAがそう叫べと言っているから叫ぶんだ・・・という感じだろうか?

では、「オッパッピー」もそうなのかというと、違う。一発ギャグは、計算して作られ、タイミングも含めて意図的にコントロールされて発せられるからだ。

で、結局いまのところ「一発ギャグ」がなぜ笑いを取れるのか、まだ答えを見つけてはいない。研究を進めて、そのうち読者が「一発ギャグ」で笑う理由を解明したいと思っている。

タグ: , | 2017/09/25 更新 |

コメント

1件のコメント

  • 紅茶
    2017年10月18日 19:44

    笑いの仕組みは昔から気になってました。横から長文しつれいします。

    個人的な見解ですが、多分、不条理ギャグ(一発ギャグ)って、公式がないようでいて、基本は抑えてるから面白いと思います。

    うちだすみを著「基本マンガ」に「笑いのテクニック」のページがありますが、不条理ギャグについてはこう書いて有ります「ただ、面白い言葉を連ねても面白くない」と。
    (例題に「アカチャカベッチャカ、スースースーダラスー」とわけのわからない言葉+突っ立ったキャラが書いてあるが全く面白くない)

    確か、小林よしのり先生がおっしゃってた気がしますが(初期のゴーマニズム宣言で)、
    ギャグの定義は「普通を知らないと、異常が書けない」だそうで。

    「普通は読者が知ってるので(平均的共通項)、そこに異常を同時に見せることで笑いが生まれる」という方程式でした。
    (例:学校ではじっと席に座って授業を受けるものだ
     →ところが主人公は席に座らず、教室でターザンしている→先生が注意するのがシュール→笑いのように)

    私は個人的に、現在のバラエティの笑いは、テレビの前で実際アハハと声に出して笑ったことがほとんどありません。同情の笑い、そういうこともあるよな、的笑いばかりです。家族も似たようなものです。

    ネットのインディーズが書いているギャグ小説(かなりニッチな設定のジャンル)のほうがよっぽど素直に声を出して笑えたりします。

    なんというか、最近のギャグは「いじめ、誰かをいじる、叩く、セリフに偏りすぎてる、誰か特定のカテゴリを貶める」ようなギャグばかりで、つまらないです。

    現在のあるあるネタも、気をつけないと「そのカテゴリの人を貶める」ことになりますし。
    (だから最近、「今現在の人には直接関係ない」戦国時代などの過去の偉人や、雑学をテーマにした作品が多いのかもしれません)

    私は生まれつき障害者で、弱者側の人間なので、
    ぶっちゃけ、ドラマやバラエティで「普通」ということになっている舞台や環境、セリフに全く共感できません。「ハリポタと同じファンタジー」だと思いながら、見ています。
    「そうそう、こんな世界あって、こういうことができたら笑えるだろうな」みたいな。

    「仕事先の銀行で大金を横領してキャバクラ開いた」
    →仕事いくとなぜか首になるので、そこまでやったことないので想像できない
    →ご飯食べられるだけで幸せなのに、なんで大金とるの?

    「ふらりといった旅行先で殺人事件に巻き込まれた、大変!」
    →障害上、頭の中で考えながら行動できないので、修学旅行のしおりのように「これから何が起きます」とあらかじめ分単位で予定された通りに行動しないと、外に出られませんが何か?

    なんというか、私が障害もちで特殊なせいかもしれませんが、多分一般レベルでも
    「普通の定義が普通じゃなくなってきている」せいもあると思います。

    「普通にご飯を食べ、進学し、就職し、結婚し、普通に子供を持ち、普通に育児やって、普通に家を買って、普通に年金を受けて老後を生きる」
    この普通の前提が今は全部崩壊しているので、「笑いを生むための平均的な共通項」がなくなってきてるのです。

    ある意味、教育やインフラや歴史が崩壊してて、共通言語もない多民族の途上国で
    「何をやったら相手(どんな背景持ってる人か全く想像できない相手)は笑ってくれるのか?」を考えるのと同じ状態です。

    だから「メチャクチャ」「カオス」「おかしな動き・言葉」しか
    もはや笑いを作る方法がないのかもしれません。

    「普通が崩れてしまった」状態だから、「その場のおかしなセリフの繰り返し」「素っ裸」「ゾンビ(人を食う、死なない)」など、一目でわかる「異常」、「いじめたり殺してもどこからも文句がこない存在」を演出しないと笑いやネタが取れなくなったのかもしれません。

    これ、冷静に書いてみると、統合失調症か、精神異常者の行動とあまり変わらないようにも見えますね。(障害者側からいうのもナンですが)

    つまり、精神異常者の行動は「笑える」ってことですけど(少数派、異常なので)
    それをうまく書き換えて普通に見える人が演じる・またはものすごく異常な格好した人がやることで、ギャップで笑いを作ろうとしてますけど

    ネタの根底が「弱者、障害者」なので、一瞬は笑っても、ずっとヒットする・長年親しまれるような笑いに根付かないんじゃないかなーと思ってます。

    笑いの根底とは「おどけて、いじられたいと思っている人が笑われる」
    (個性がたまたまあるけど、いじられたいと思ってないのに、回りが勝手に「かまってあげてる」と解釈していじると、いじめになる)

    「そうじゃないだろ」とツッコミ待ちのボケ

    頭がいい人・権威ある人がなぜか「実は当たり前のことができない」、といった「万能の空白」
    のような、オーソドックスな笑いが結局ずっと使えると思いますが…

    親父ギャグ、一発ギャグ…これはちょっともう古すぎてダメなんでしょうね。
    なんというか笑いを作ろうとしても、余裕がなさすぎて。
    どちらかというと、笑いの代わりに「癒し」を求めてる気がします。

    笑いは「希望や元気」があると欲しいものですが、今現在、世の中に希望や元気がないので
    まず疲れを癒して、回復して、元気になってから、「笑えるものが欲しい」と思うかと。

    安心の定義も崩れ、エネルギーがかなり低下していて、回復・治療・希望作りを
    まず先にしないと、笑ったり、何か生み出す元気もない状態のような気がします。

コメントはこちら