『A 5th of BitSummit』インディーゲームの祭典に、SpriteStudio開発メンバーがサークル参加

去る、5月20日~21日、京都で開催されましたインディーゲームの祭典『A 5th of BitSummit』に、実は出展してましたよーというご報告です。

実は出展してましたよー、というのにはワケがありまして、会社としてではなく弊社の開発メンバーが、趣味とSpriteStudio の実地検証を兼ねて開発しているシューティングゲーム『ローリングガンナー』の展示が主だった為、なのです。

国内外の独特なゲームデザインのタイトルが並ぶ中、ものすごくオーソドックス / ものすごく弾幕 / ものすごくメカ 、もー本当に『僕達が好きなのはこれだよね』みたいなシューティングゲーム、ローリングガンナー。

画面上でアニメーションしているものは、たとえ3Dに見えようが全て2D、全てSpriteStudioでアニメーションという意欲作です。硬派! まさに硬派! なのでちょっと心配していたのですが、

これがまた、BitSummitの参加者に琴線に無事に触れることができたようで、ひっきりなしに遊んでいただくことができました。(同業者らしき人から「うちもシューティング作りたい・・・!」という言葉をもらったのもうれしかったですねー)

さて、BitSummitというと OPTPiX SpriteStudio の採用事例として期待の星、『La-Mulana2』がそろそろ出そうな雰囲気でプレイアブル展示されていた他、

いつもお世話になっております、インティ・クリエイツの會津さんがTwitchの配信に出ている姿が拝めたりなど!(ところでインティ・クリエイツさんのところでも、SpriteStudioをお使いいただいてるんですがまだかなー。リリース。まだかなー)

第一回から参加しているBitSummitですが、今回のが一番「みんなが楽しんでる」感じがでていたなというのが感想。来年も審査が通れば是非・・・!

タグ: , , , , |

コメントはこちら